0

4K UHD解像度で1070を標準搭載したクリエイター向けハイエンドノートPC

2017年10月5日 20時12分 (2017年10月6日 08時10分 更新)
マウスコンピューターは5日、クリエイター向けPCブランド「DAIV」(ダイブ)シリーズにて、4K UHD解像度のハイエンドノートPC「DAIV-NG7500H1-M2SH5」を発表した。同日より販売開始し、価格は税別289,800円から。BTOカスタマイズに対応する。

4K UHD解像度の液晶ディスプレイを採用した17.3型ノートPC。プロセッサには第7世代のIntel Core i7-7700HQ、グラフィックスにはNVIDIA GeForce GTX 1070を搭載。リアルタイムエフェクトが必要な映像描写や、4K解像度データの処理など高い負荷のかかる作業に耐えうる性能とする。

このほかの仕様は、メモリが32GB PC4-19200、ストレージが512GB SSD + 2TB HDD、光学ドライブが非搭載、ディスプレイが3,840×2,160解像度の17.3型液晶(ノングレア)、OSがWindows 10 Home 64bitなど。

通信機能は、Gigabit Ethernet対応有線LAN、IEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.2。インタフェースは、USB Type-C 3.1×1、USB 3.0×4、HDMI×1、Mini DisplayPort×2、ヘッドホン/マイクコンボジャックなど。本体サイズは418.5×291×25.9mm、重量は約3.1kg。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品