0

有名人が直回答するかも? - 実名推奨のQ&Aシステム「Quora」日本語ベータ版

2017年10月5日 22時24分 (2017年10月6日 10時40分 更新)
米Quora(クォーラ)が9月26日、知識共有プラットフォーム「Quora 日本語ベータ版」の提供を開始した。「Yahoo!知恵袋」や「OKWAVE」に似た、ユーザー同士で質問・疑問と回答を投稿し合うQ&Aシステムで、本国では招待制での登録となるほか、ユーザーは実名での登録と活動が推奨されている。

Quoraは「A place to share knowledge and better understand the world(知識の共有により、世界をよりよく理解する場所)」をコンセプトとして掲げ、2010年に英語でサービスを開始。2016年末からスペイン語、フランス語、イタリア語、ドイツ語などの多言語サービスの提供も開始した。今回の日本語ベータ版は、欧米以外の言語では初めてのリリースとなる。

ユーザー同士による質問と回答の品質を向上するため、実名を推奨(匿名での質問や回答も可能)するだけでなく、ユーザー同士による評価や、回答者が信頼できる人物であることを示す経歴の表示などといった仕組みを採用。同じ内容の質問は統一化し、より質の高い回答ほど多くのユーザーが目に触れやすいように掲示するなど、回答が時代や年代を超えて役立つことを目指している。

また、機械学習によってユーザーの興味や関心に即したコンテンツを抽出し、ユーザーにニュースフィードやダイジェストメールで配信しており、ユーザーが知識の共有に飽きないように工夫している。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品