0

スフィロより帝国のドロイド「R2-Q5」をモチーフしたスマートトイが登場

2017年10月5日 23時29分 (2017年10月6日 11時20分 更新)
スフィロは、12月15日公開予定の映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に登場するドロイドをモチーフとしたスマートトイ「R2-Q5 アップイネーブルド ドロイド by Sphero」を発表した。発売は10月27日で価格はオープン、市場想定価格は25,000円(税抜き)。販売は現時点でAmazon.co.jpのみで、10月5日木曜日21時より予約を受け付ける。

R2-Q5は、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に登場する帝国側のアストロメク ドロイド。今回発売となる「R2-Q5 アップイネーブルド ドロイド by Sphero」は、そのR2-Q5をモチーフにしたスマートトイで、タブレットやスマートフォンからの操作が行える。

ARを利用して「皇帝の玉座の間と第2デス・スター(the Emperors Throne Room and Death Star II)」をR2-Q5の目を通し、タブレットやスマートフォンの画面上で探検できるようになっている。

形状は『スター・ウォーズ』シリーズではお馴染みのドロイド「R2-D2」そっくりで、先行発売されている「R2-D2 アップイネーブルド ドロイド by Sphero」同様の機能を備えている。R2-D2と同じく、正面と側面のLEDライト、スピーカーを装備。他のスフィロのドロイドよろしく、「一緒に映画をみよう」機能にも対応。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』や『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を視聴しながら、隣にR2-Q5を置いておくと、さまざまなシーンでさまざまなリアクションを示してくれる。また、既発のドロイド交信できる機能にも対応する(今秋中の対応予定)。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品