0

「7000万人のLINEユーザーで差別化」 AIスピーカー「Clova WAVE」の勝算

2017年10月5日 17時38分 (2017年10月6日 18時10分 更新)

スマートスピーカー「Clova WAVE」

[拡大写真]

 LINEは10月5日、スマートスピーカー「Clova WAVE」の正式版を発売した。音声入力で、音楽再生やニュースの読み上げ、テレビのリモコン操作などができる。価格は1万4000円(税込)。「ポストスマートフォンの時代は、タッチ操作主体のGUI(グラフィックユーザーインタフェース)からVUI(音声ユーザーインタフェース)の時代になる」――同社の舛田淳CSMO(最高戦略・マーケティング責任者)はそう話す。各社が相次いでスマートスピーカーを投入し、市場が立ち上がる中で、LINEはどう差別化するのか。

 Clova WAVEは、AI人工知能)アシスタント「Clova」を搭載したスマートスピーカー。音声入力で、音楽聴き放題サービス「LINE MUSIC」(有料)の楽曲再生、ニュースや天気、占いの読み上げなどができ、テレビ、照明、エアコンといった家電をIR(赤外線)リモコン操作できる。

 これまで一問一答だったClovaとの会話が、連続して話せるようになった。声の話者認識、音声翻訳、カレンダー管理やメモ帳機能、ショッピングやデリバリー、タクシー配車など機能を順次拡大していく。

 ネット経由でラジオ放送を配信する「radiko」による音楽再生のほか、電車の運行状況、童話朗読など他社サービスとの連携も強化するという。

 また、LINEアプリのトークを読み上げる相手を選べる「LINE家族アカウント」機能を追加。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品