0

Google Assistantの「リアルな機械音声」 作ったのはDeepMind

2017年10月5日 20時00分 (2017年10月6日 20時10分 更新)

Google Assistantに採用されたDeepMindの「WaveNet」

[拡大写真]

 米Alphabet傘下のDeepMindは10月4日(米国時間)、Googleの音声アシスタントである「Google Assistant」の英語と日本語の音声に、同社の機械学習による音声合成アルゴリズム「WaveNet」の改良版が採用されていることを発表した。スマートスピーカー「Google Home」やAndroid上のアプリなど、全てのプラットフォーム上の音声がWaveNetによるものだという。

 WaveNetは、DeepMindが2016年9月に公開した音声合成アルゴリズム。人間の声を分割・連結して音声を生成する今までの音声合成アルゴリズムに対し、WaveNetはディープラーニングで人間の声を学習し、1回の発声ごとに生の音声波形を0からモデリングすることで、より自然な音声を生成できるとする。

 2016年の公開時では1回の音声合成に必要な計算コストが高く、製品への導入を見送っていたが、Google Assistantに採用された改良版は2016年モデルに比べて生成速度が1000倍高速になったという。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品