0

「Google Home」で操作できる家電は?

2017年10月5日 20時03分 (2017年10月6日 21時50分 更新)

左の「Google Home」は10月6日発売で価格は1万4000円。右の「Google Home Mini」は6000円(いずれも税別)

[拡大写真]

 Google Japanが人工知能AI)を活用したスマートスピーカー「Google Home」を10月6日に発売する。その発表に合わせ、複数の家電メーカーが自社製品の対応を表明した。スピーカーに話しかけるだけで照明の色が変わり、ロボットが掃除を始める。そんな未来的なライフスタイルが身近になりそうだ。

 Google Homeは、ユーザーの「OK Google」という言葉をトリガーにして音声アシスタントが起動。音声でニュースなどの情報を伝え、Spotifyの音楽を流し、一部スマート家電を操作することもできる。

 iRobot Japanは、ロボット掃除機「ルンバ」シリーズのGoogle Home対応を発表した。上位機の「ルンバ900シリーズ」に加え、「ルンバ890」「ルンバ690」を含むWi-Fi対応モデル全てが対象。Google Homeに話し掛け、掃除の開始や停止、再開、ホームベースに戻るといった指示が出せる。

 フィリップスのWi-Fi内蔵LED照明「Hue」もGoogle Homeをサポート。照明のオン、オフに加え、明るさ(調光)や色合いの変更(調色)といった細かい操作も可能だ。リラックスしたいときには「OK Google,リビングの電気を少し暗くして」。スポーツ観戦時には好きなチームカラーで部屋を照らすなど、スマートに室内を演出する。

 Googleの「Chromecast」を使い、YouTubeやNetflixなどのネット動画を見る際、Google Homeはインテリジェントな音声リモコンとして活用できる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品