0

プリキュア恒例の入れ替わり回は「自分らしく生きる」ことの意味を問う

2017年10月5日 18時00分 (2017年10月6日 18時15分 更新)

第34話「小さな大決闘!ねこゆかりVS妖精キラリン!」

[拡大写真]

 2017年10月1日時点で「キラキラ☆プリキュアアラモード」は第34話。1年でみると約5分の3を終えたところです。

 6人目の仲間「キュアパルフェ」も仲間になり、最終アイテム「キラキラル・クリーマー」も入手しました。今後の最終決戦に向け、6人のプリキュアの日常を描きながら、お互いの関係を深く掘り下げているところです。

 途中から見はじめた人にもわかるように、1年の中でプリキュアが「今どれくらい進んでいるのか」を表にしておきます。

●第34話「小さな大決闘!ねこゆかりVS妖精キラリン!」

かんたんなあらすじ

・猫のクリスタルアニマルと頭ごっつんこで体が入れ替わり、猫になってしまった琴爪ゆかりが猫界のボスになる

・妖精と猫がケンカしていることを知り、猫側のボスとして妖精に戦いを挑む

・キラリンとの決闘に勝利した猫ゆかり、自ら悪役となり場を収めようとする

・「後はあなたが丸く収めるだけ」とキラリンに耳打ちし、猫ゆかりは崖にダイブするもキラリンも一緒に落ちる

・猫と妖精が力を合わせて2人を助け「姿が違っても命はみんな1つ」と争いを反省する

・キュアパルフェ(キラリン)ようやく、猫ゆかりがゆかりであることに気付く

・もとに戻ったキュアマカロン。プリキュア6人でディアブルの影を撃破

・妖精も猫も仲直りして、みんなでスイーツをたべました

 プリキュアというアニメーションの歴史において、「シリアスな回」の後に「ちょっと面白い回」が来ることがあります。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品