0

Googleのスマートイヤフォン「Pixel Buds」がすごい 40言語を自動翻訳、「ほんやくコンニャクだ!」との声も

2017年10月5日 13時28分 (2017年10月6日 13時35分 更新)
 Googleが10月4日(現地時間)に発表した、新型スマートイヤフォンが「ほんやくコンニャクだ!」と話題になっています。

 米サンフランシスコで行われたイベントの中で、新型スマートフォン「Pixel 2」とともに発表されたもの。製品名は「Pixel Buds」で、PixelとBluetoth接続することで、通話や道案内などさまざまな機能が使用可能になります。

 中でも注目を集めているのが翻訳機能。日本語を含む40言語に対応し、相手の言語を自動翻訳してイヤフォンから再生したり、逆にこちらがしゃべった内容を相手の言語に翻訳してスマートフォンから再生したりすることができるとのこと。確かにほんやくコンニャクっぽいぞ……!

 イヤフォン自体にマイクも内蔵しており、Googleアシスタントにも対応。翻訳だけでなく、電話をかけたり、道案内を依頼したりといったことも可能です。充電は専用のケースから行い、最大で連続24時間使用できるとのこと。

 カラーリングは同日発表されたPixel 2と同じく「Just Black」「Clearly White」「Kinda Blue」の3色を用意。価格は159ドルで、北米やイギリスなどを含む6カ国で11月発売予定。ただ、残念ながら今のところ日本は販売予定地域に含まれていません。

 同イベントでは他にも、スマートスピーカー「Google Home」新ファミリーや、機械学習でベストなショットを自動で撮影してくれるスマートカメラ「Google Clips」などの新製品が発表されています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品