0

TOKYO MXに不正アクセス 30万人以上の個人情報流出の可能性

2017年10月5日 15時07分 (2017年10月6日 15時35分 更新)
 東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)は10月4日、外部からのサイバー攻撃によって視聴者の個人情報が流出した可能性があると発表した。

 同社Webサイトの番組のコメント投稿フォームなどから投稿された氏名、メールアドレス、ニックネームが最大約37万件流出した可能性がある。3日20時ごろに同社サーバでアクセスの異常値が観測され、調査したところ外部からの不正アクセスが発覚したと説明している。

 発覚後、同社サイトの該当部分の利用を停止するなどの措置を講じた。流出の恐れがある視聴者にはメールで連絡するとともに、不正アクセスの詳細な分析を行った上でセキュリティを強化するとしている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品