0

世紀末感すごいのにほっこり 子猫になつかれちゃった機械生命体にキュン

2017年10月5日 17時00分 (2017年10月6日 21時35分 更新)

しょうがないから、友達になってやるにゃ

[拡大写真]

 「時は世紀末、世界は最終戦争の業火に包まれ、機械生命体と猫だけが残った……」こんな長編小説が書けそうな画像がTwitterに投稿され、話題となっています。

 この写真を投稿したtkさんによると、山梨県八ケ岳にあるハウススタジオに機械生命体を持ち込んで撮影しようとした際に出くわした光景だったそう。スタジオの子猫たちが寄ってきたため今回の写真が撮影できたとのことで、子猫が機械生命体にやいのやいのと絡む様子は、人類が滅亡した世界の中で切り取られた和やかな一枚にも見えます。

 ちなみに、機械生命体は、人気アクションRPG「ニーアシリーズ」の最新作「NieR:Automata / ニーア オートマタ」に出てくる敵キャラをリアルに再現したものなんだそうです。めちゃくちゃクオリティー高いぞ……!

 まるで子猫と機械生命体が心を通わせているかのような写真に、Twitterでは「ラピュタのロボット兵とリスみたい」「かわいいしなんだか泣けてくる」「終末感すごい」などの感想が寄せられています。

画像提供:@TkmemoComさん

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品