0

芸人まぁこ、1歳息子が「川崎病」で入院 「改めて、息子の存在の大きさに気づきました」

2017年10月5日 18時17分 (2017年10月6日 18時35分 更新)

まぁこさんのブログ

[拡大写真]

 お笑い芸人まぁこさんが10月5日、1歳の息子が「川崎病」のため入院中であることをブログで明かしました。

 まぁこさんによると、37度~37.5度の微熱が1週間ほど続いたため、小児科で処方された薬を飲ませていたようですが、着替えの際にBCGの跡が赤く腫れているのを発見。症状を検索したところ川崎病がヒットしたため、急いで大きな病院で診察を受け、即入院となりました。

 現在は入院8日目で、すっかり元気は取り戻しているようですが「まだ入院生活は続きそう」とまぁこさん。今回の入院を振り返り、「心配しすぎて、、、私は気が気でなかったです。当たり前じゃないんだと!! 改めて、息子の存在の大きさに気づきました。守らならいと!!」と、母親としての思いを新たにしています。

 川崎病は4歳以下の子どもに多く見られ、急性期の主な症状としては「1. 5日以上続く発熱(38度以上)」「2. 発疹」「3. 両方の目が赤くなる(両側眼球結膜充血)」「4. 唇が赤くなったり、苺舌がみられる」「5. 病気の初期に手足がはれたり、手のひらや足底が赤くなったりする 熱が下がってから、手足の指先から皮膚がむける膜様落屑(まくようらくせつ)がある」「6. 片側の首のリンパ節がはれる」など。主要症状の他に、BCG接種部位が赤くなる、関節の痛み、下痢、腹部膨満などがあります(国立循環器病研究センターのWebサイトから引用)。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品