0

スマホ・PC要らずでネットが使える「Google Home(グーグルホーム)」―音声で操作

2017年10月5日 15時45分 (2017年10月11日 15時47分 更新)

Google Homeのイメージ

[拡大写真]

家庭に置くと、iPhoneやAndroidスマートフォンが手元になくても、話しかけるだけで「Google検索」などインターネットのサービスが使えるスマートスピーカー「Google Home(グーグルホーム)」が10月6日に発売予定だ。

Google Homeは人工知能AI)技術を応用してGoogleが開発した機器で、「OK Google」と声で呼びかけると、人間とおしゃべりするのに似た感覚でさまざまな機能が使える。

簡単な翻訳や計算をしてほしくなった際や、食材のカロリーを確認したくなった際に日本語で尋ねるだけで、すぐにネット上から答えを探し、音声で読み上げてくれる。「月までの距離」のような質問にも反応する。最新のニュースが知りたい時も、簡単にNHKや日本経済新聞、J-WAVEなどの情報を伝えてくれる。

もちろん機能はネット検索だけではない。調理で両手が塞がっている場合に音声でタイマーをセットしたり、布団の中から目覚ましやスヌーズを設定したりできる。またGoogleカレンダーと連携させれば職場への交通状況やその日のスケジュールなどを教えてくれる。誰が話しかけているかを聞き分けることが可能で、最大6人が1台のGoogle Homeを利用して、それぞれに合わせた予定などを確認できる。

これに加え「Google Play Music」や「Spotify」のような音楽聴き放題サービスの楽曲を再生できる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品