0

マウス、クリエイター向けに4K-UHD対応の液晶を備えた17.3型ノートPCを発売

2017年10月5日 11時00分 (2017年10月6日 15時26分 更新)

「DAIV-NG7500H1-M2SH5」

[拡大写真]

「DAIV-NG7500H1-M2SH5」

株式会社マウスコンピューターは、クリエイター向けPCブランド「DAIV」の新製品として、17.3型のノートパソコン「DAIV-NG7500H1-M2SH5」を発売した。4K-UHD解像度に対応するノングレアタイプのパネルを採用した液晶を実装。CPUはCore i7-7700HQ(インテルHDグラフィックス630)、GPUはGeForce GTX 1070(8GB)で、高いスペックを必要とするクリエイティブ作業やリアルタイムエフェクトが必要な映像描写などにも耐えうる性能を備えている。価格は28万9800円~(税抜)。
本製品は、外部映像出力端子として2基のMini DisplayPortと1基のHDMIを搭載した。全ての映像出力信号が4K-UHD解像度に対応。内蔵ディスプレイを含め、4画面での4K-UHD表示に対応する。また、本製品では「GPU Switch」機能で映像信号出力経路を指定。処理速度と電力消費のバランス負荷状況に応じた自動制御でパフォーマンスが流動的に変動することを防ぎ、状況に関係なく映像信号経路が固定されることで、VRデバイス利用でもパフォーマンス不足が解消される。
メモリは32GBで、内蔵ストレージは512GBのM.2 SSD+2TBのHDD。標準搭載のSSDはMVMe接続だが、さらにSATA3接続でM.2形状のSSDをオプション追加できるため、内蔵ドライブで最大3基の搭載が可能だ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品