0

9軸センサー内蔵の硬球

2017年10月5日 16時35分 (2017年10月9日 11時39分 更新)
あるAnonymous Coward 曰く、

アルプス電気が、加速度センサーやジャイロ、地磁気センサーを内蔵した野球用の硬球を開発した。ボールを投げた際の動きを記録してスマホアプリに送信することで、ボールの動きを数値化・解析できるという。価格は1個1万9500円前後(ITmedia)。

ボールの回転数が多いと「キレ」が増して実際の球速よりも速く見え打ちにくい球になる、といった話は言われているが、実際にプロの超一流投手のデータをこれで見てみたいところである。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | ITセクション | テクノロジー | スポーツ | IT

関連ストーリー:
「端末を破壊する可能性がある」というゲームアプリ「S.M.T.H.」、Appleはリジェクト 2013年08月08日
ゴムボール型デバイス「ぷよこん」 2010年04月28日
ハイテク機器でスポーツの誤審をなくそう 2005年09月21日

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品