0

TOKYO MX、不正アクセスを受けメールアドレスなど約37万件を流出させる

2017年10月5日 18時38分 (2017年10月9日 15時29分 更新)
ymasa 曰く、

東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)の公式Webサイトがサイバー攻撃を受けたとのこと(ITmediaTOKYO MXの発表PDF)。メールアドレスなど最大37万件あまりが流出した可能性があるという。

「サーバーの脆弱性」を狙われ、一部番組のコメント投稿フォームから投稿されたメールアドレスおよびニックネーム37万件と、1270件の氏名およびメールアドレスを不正に取得された可能性があるという。流出した情報に住所、電話番号、クレジットカード番号などは含まれていない。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | セキュリティセクション | セキュリティ

関連ストーリー:
Struts 2を使用していた国交省サイトから情報流出、対策は2017年度予算待ち 2017年06月07日
ぴあの運営するBリーグチケットサイトで個人情報15万件が流出、Struts2の脆弱性が原因 2017年04月26日
影響範囲が広がるApache Struts2の脆弱性 2017年03月21日

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品