0

タフじゃなければスマホじゃない!2018年注目のアクティブ系スマホたち:山根博士のスマホよもやま話

2017年10月6日 11時30分 (2017年10月7日 17時06分 更新)
まもなく日本でも発売になるが、価格は9万円前後とのことだ。

▲IFA2017では最新スペックのスマホを2機種発表

CAT S41の外観も十分すぎるほどアクティブなデザインであり、2メートル防水や手袋をはめたままでも操作しやすい3つのボタンをディスプレイ下部に搭載するなど、アウトドアユースを第一に考えられた製品である。

しかし腕時計のG-SHOCKが以外にもスーツ姿にも合うように、CAT S41をタウンユースとして日常的に使うのも悪くない。「CAT」ロゴ入りのTシャツがオフィシャルで販売されていることからわかるように、キャタピラーはCATを1つのブランドとしても展開している。

▲高精細なディスプレイを搭載するCAT S41

CATのようなアクティブスマートフォンは非メジャーなメーカーからも数多く出ている。一昔前であれば品質も悪く、見た目だけアクティブで実際に水をかけたら浸水してしまうような製品もよく見かけた。だが最近ではアクティブ端末を専業にするメーカーも出てくるなど、防水とタフ仕様を他社との差別化ポイントとしてしっかりとした品質を目指した製品が増えている。

IFA2017のあと、サンフランシスコで開催されたMWCA(Mobile World Congress Americas)2017の会場。E&L Mobileというメーカーが大きなブースを出していた。同社の製品はスマートフォン、フィーチャーフォンともに全てが防水端末だ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品