0

タフじゃなければスマホじゃない!2018年注目のアクティブ系スマホたち:山根博士のスマホよもやま話

2017年10月6日 11時30分 (2017年10月7日 17時06分 更新)
5000mAhとバッテリーサイズは大型だ。個人ユースだけではなくB2B向けの展開も考えた製品で、展示会に出展することで代理店や販売店を探しているとのこと。

▲黄色ではなく緑色のボディーカラーで少しでも差別化を図る

いずれはアクティブ系のスマートフォンメーカーだけが集まっても小さい展示会が開けるかもしれないくらい、製品は次々に登場している。実はアメリカでは大手のメーカーもアクティブ系端末を出しているほどで、この手の製品への人気は意外と高い。

中でもサムスンは「Galaxy S Active」シリーズをほぼ毎年販売。2017年は18.5:9のインフィニティディスプレイを搭載した「Galaxy S8 Active」をAT&T向けに投入している。とある店舗の店員によると「Galaxy S Activeシリーズを毎年買い替えるお客さんもいる」というほど根強い人気があるそうだ。

サムスンもアクティブなスマホGalaxy S8 Activeを販売している

アメリカでは京セラもアクティブ系端末を数多く出しており、警察で採用されるなどそのタフな性能はプロユースにも評判が高い。昨年発売した「Kyocera Duraforce PRO」は今年韓国向けにも投入することがきまった。販売キャリアのSKテレコムによるとDuraforce PROはアメリカで25万台が売れたという。京セラはアクティブ系端末メーカーとしてその認知度を着々と広げているのだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品