0

AcerのMRヘッドセット、コンシューマー版が10月17日より発売開始。必要なPCスペックもかなり引き下げ

2017年10月6日 19時20分 (2017年10月8日 09時58分 更新)
Image: Acer

おうちで楽しめるMR、手の届かないモノではありませんよ。

2017年8月末から開発者版の発売が始まったAcerのMRゴーグル「Acer Windows Mixed Reality Headset デベロッパーエディション」。そのコンシューマー向けバージョン「AH101」が、いよいよ10月17日(火)より全国で発売されることになりました。デベロッパー版は予約も瞬殺でしたから、まさに待ってましたのやつです!

Image: Acer Image: Acer

AH101は、ヘッドセット本体+モーションコントローラー2基を含むセット。6自由度(6DOF)なる高い自由度の位置トラッキング、すなわちX、Y、Z軸それぞれの移動量や傾きや回転をトラッキングすることで、より敏感に動きをキャッチします。トラッキング方式は外部センサーを必要としないインサイドアウト方式。

ディスプレイサイズは2.89インチ×2、解像度は2,880×1,440ピクセル(単眼1,440×1,440)、リフレッシュレートはHDMI 1.4動作時で60Hz、2.0で90Hzと、このあたりの仕様はデベロッパー版と同じ。要求スペックは少し変更になったようで、Windows Mixed Reality Ultraと呼ばれるHDMI 2.0接続時でも、Core i5(4コア以上)またはAMD FX-4350 4.2GHz(4コア)以上とかなり引き下げられています。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品