2

カズオ・イシグロ氏は「日本の」ノーベル受賞者?―財団は出身国を重視

2017年10月6日 18時25分

カズオ・イシグロ氏のイメージ

[拡大写真]

英国の小説家KazuoIshiguro(カズオ・イシグロ)氏がノーベル文学賞を受賞した。作品は英語で執筆し、読者も欧米に多い人物だが、ノーベル財団は国別の受賞者リストで「日本」の項目に分類していることが分かり、インターネット上で話題になっている。
カズオ・イシグロ氏は1954年に長崎県で生まれ、5歳で家族とともに英国に渡り、ケント大学で英文学、イースト・アングリア大学大学院で創作を学ぶ。1982年に...

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    多重国籍を認めている国は多い。日本だって単一国籍にするのは努力目標であって、生活の利便のために複数の国籍を持つことは、外務省は当然のこととして黙認している。

    2
  • ゲコッ!! 通報

    多重国籍は「国会議員」だと外国人扱い、ノーベル賞受賞者だと日本人扱い?“権威主義”って本質は“貧乏根性”の事なんだね。

    2
  • 1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!