0

バチッと来る前に……冬の強敵、「静電気」対策を教えます!

2017年10月7日 11時00分 (2017年10月8日 11時15分 更新)

静電気と戦う方法

[拡大写真]

 10月に入って、いよいよ装いも秋冬仕様に替わってきましたね。秋服や冬服のふわふわした感じ、着るのがわくわくして大好きなのですが、1つ嫌なことが。

 バチッ! そう、静電気!!!

 マフラーを外したら髪が広がってしまったり、ドアノブに触れたらバチッとしたり。空気が乾燥している冬は、特に静電気と戦う場面が多いはず。

 われわれは静電気にどう立ち向かえば良いのか。戦う手段を講ずるために、敵を知ることから始めましょう。

●静電気はなぜ起きる?

 全ての物質は、原子が合わさってできています。その原子1つ1つは陽子・中性子・電子によって構成されています。

 この中で、陽子はプラスの電荷を持ち、電子はマイナスの電荷を持っています。つまり、電気のもととなる電荷は、全ての物体に存在するということです。

 プラスとマイナスの電荷は、普段はバランスがとれているため、電気として感じることはありません。しかし、2つの物体が接触することで、一方にプラスの電荷が、もう一方にマイナスの電荷が多くなります。

 これが“静電気”です。

 つまり、身体の皮膚と服がこすれ合うことで、身体に静電気がたまるわけです。そして、ドアノブなどの電気を通しやすい金属に触れると、身体にたまっていた静電気が流れ、バチッと感じるのです。

●人間は電気を通すの?

 バチッと感じることは、他の人と接触したときにもありますよね。

 あれ? 人間って電気を通すの?

 はい、通します。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品