0

アウトドアファン待望の「煙の出ないBBQグリル」が開発される

2017年10月13日 11時14分 (2017年10月18日 23時30分 更新)

アウトドアファンが待ち焦がれていたBBQグリルが登場です。詳細は以下から。

キャンプで、野外フェスで、BBQをしたり、炎を見ながら酒に酔いつつ語り合ったりと、火を囲んで過ごす時間はプライスレスなもの。でもそんな時にいつも問題になるのが煙でした。
せっかく火を付けても薪や炭が湿気っていたり、置き方がちょっと悪いだけであっという間に辺りは煙だらけ…という経験をしたことのある人は多いはず。吸い込んだら咳き込みますし、髪の毛や服に臭いも付いてしまいます。
ですがこのBioLite社が開発したBBQコンロ、「BioLite FirePit」はそんな煙を一掃してくれます。とは言っても煙をどこかに吸い込むわけではありません。煙が出る理由は不完全燃焼。十分に酸素が行き渡れば煙は出ないという基本に立ち返っています。



BioLite FirePitはそのボディの周到に計算された51箇所に空気の噴射口を作り、ファンを用いて空気を送り、内部の燃焼温度を均一にして空気を攪拌することで薪や炭の燃焼を強力にアシストします。

こうして薪や炭を完全燃焼させることで煙が出ることを押さえる上に、効果的に燃焼させることでより少ない炭や薪で暖を取ったり肉を焼いたりできるのです。

ファンはmicroUSBを用いて充電が可能で、1度の充電で24時間の連続使用が可能。スマホアプリを用いて火勢を細かく調整することもできてしまいます。

このファンの搭載されたユニットは取り外しも可能で、使用していない時はスマホやタブレットなどを充電できるバッテリーチャージャーとしても使うことができます。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品