スラッシュタグで検索結果をフィルタリングできる検索サービス「Blekko」

2010年11月6日 16時00分 (2010年11月8日 13時52分 更新)


「Googleよりも便利な検索エンジンなんてあるわけがない!」とついつい断言してしまいそうなほど、Googleに頼り切りな昨今ですが、「blekko」は、場合によってはGoogleよりも便利かもしれません。

blekkoは、検索結果からスパムをフィルターし、特定のマーケティング先導による結果を自動的に切り捨ててくれるアプリ。検索結果がスパムまみれな場合、きっと役に立ってくれます。

 

車や健康、ホテル、歌の歌詞など、スパムまみれになりがちなエリアにおいて、blekkoは自動編集を行ってくれます。また、Bingの旅行ツールのような特定の分野で、強力な検索エンジンを採用しています。

さらに、大きな武器は「スラッシュタグ」。これは簡単に言うと、カテゴリー分け用のタグです。例えば「android/reviews」と検索すると、実際のレビューが掲載されているサイトのみが表示され、「android/science」と入力すると、スマートフォンでなくロボットの方のアンドロイドに関する結果が表示されます(あちこちに確かにスマートフォン関連へのリンクも紛れ込んではいますが...)。「climate change/liberal」と検索すると、地球温暖化に対する進歩的な考え方の結果が、また「climate change /conservative」と検索すると、その逆の保守的な考え方を見られます。

と、ここまで書いて期待させておいてなんなのですが、日本語の検索には基本対応していません。ですが、英語での記事検索にはかなり便利そうなので、英語での検索の際には、ぜひぜひ活用してみて下さい!

Blekkoはフリーサービスですが、アカウントを作成すると設定を保存出来たり、自作のスラッシュタグを作成してクレジットをゲットしたり、などが可能になります。


blekko [via NYtimes.com]

Kevin Purdy (原文/訳:まいるす・ゑびす)

 

■あわせて読みたい

元の記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品