4

知らないのは自分だけ? 実はよくわかっていないビジネス用語について聞いた

2017年6月19日 12時16分 (2017年6月19日 15時10分 更新)
職場で、あるいは取引先で、聞きなれないビジネス用語を耳にした機会はないだろうか。「知らないのは自分だけ」「いまさら聞けない」などと思っていたそのビジネス用語に、実は他の人も悩まされていたようだ。マイナビニュース会員304名を対象に行ったアンケートの結果を紹介していこう。

本調査では、ビジネスシーン(会議や商談)で出てくるビジネス用語(カタカナ語や敬語など)で「実はよくわかっていない。正しい意味を知らない言葉はあるか?」と聞いたところ、75.7%(230人)が「ある」、24.3%(74人)が「ない」と回答。70%超える人が聞きなれないビジネス用語があることがわかった。回答者が正しい意味がわかっていないビジネス用語とはどんなものなのだろうか? 回答が多かったものの中から、筆者の独断でいくつか紹介していこう。

○実は正しい意味がわかっていないビジネス用語とは?

「タスク。日本語でお願い致します」(52歳男性 / 神奈川県 / 既婚 / 環境関連設備 / 技能工・運輸・設備関連)
「エビデンス」(38歳男性 / 千葉県 / 未婚 / その他 / IT関連技術職)
IoT。よく聞くけど意味がわからない」(42歳男性 / 大分県 / 既婚 / 医療・福祉・介護サービス / 専門サービス関連)
「インバウンド。テニス用語かと思ってました」(57歳女性 / 北海道 / 既婚 / その他 / その他・専業主婦等)
「ダイバーシティ。

コメント 4

  • 匿名さん 通報

    一般に使う用語ばかり。この程度が理解出来ない人材って使えない人間だろ。

    2
  • 長嶋 通報

    いわゆるひとつのベリーグッドですね~

    0
  • 匿名さん 通報

    リューべ、シャコマン、ハツリ、ヨージョー、ダボス、シーチャン

    0
  • 匿名さん 通報

    一般に使う用語? どこの一般でしょうね。 そういう人ほど自分がわからない言葉使われると文句言う人の多いこと・・・

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品