0

予定を分刻みに管理することで学んだ集中力維持法5選

2017年7月15日 21時00分 (2017年7月17日 21時05分 更新)

Inc.: 次から次へとアイデアは浮かぶのに、1日の時間が限られていて困っている、という人のために、生産性を高めて集中力を維持するための5つのコツをご紹介しましょう。

テクノロジーのおかげで、スケジュール管理や効率的なコミュニケーションは簡単になりました。しかし、テクノロジーのせいで困った問題も生じています。ポケットにコンピューターがあれば、ビジネスに関するどんなことでも、簡単に最新情報へアップデートが可能です。この便利さと引き替えに、届くメールの数は増え、アップデートの回数も増え……ありとあらゆるものが増えています。

次から次へとアイデアが浮かぶのに、1日の時間が限られていて困っている……という方がいたら、分刻みでスケジュールを組む筆者が身につけた、集中力を維持する5つのコツを参考にしてみてはいかがでしょうか。

メール管理ツール

メールはどんなビジネスにおいても、最もよく使われるコミュニケーションの手段でしょう。絶えずメールをチェックして、プロジェクトの進行状態をチェックしたり、チームのメンバーや納入業者と連絡を取ったり、組織のだいたいの状況を把握したりします。

このため、メールには膨大な時間が費やされます。事実、The Washington Postに掲載されたAdobeによるレポート(2016年)で、ホワイトカラーの労働者は日に平均で4.1時間をメールのチェックに費やしていることがわかりました。1週間では平均20.5時間です!

これをなんとかするために、筆者はGoogleの『Inbox』のようなフリーツールや『Boomerang』や『ActiveInbox』などの有料アプリをうまく使うようにしてきました。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品