『亀井静香』に関するニュース

亀井静香「最後の“昭和”政治家」ついに引退 (2017年10月22日 10時05分)

「仁義なき戦いをして当選しても、そういう政治家は信用されない」10月5日、こう言って38年にわたる政治家人生に幕を下ろしたのが、亀井静香元金…

今日の注目記事ランキング! 10月12日版 (2017年10月12日 20時00分)

今注目されているニュース記事をチェック!【1位】やらかす水原希子、今度は“お尻丸見えショット”をインスタで公開2017/10/1122:06インスタグラムに投…

政界引退・亀井静香が作り上げた“政治力”を生かすビジネスモデル (2017年10月12日 7時00分)

「(当選しても)一緒にやっていく相棒が見つかりません」地元広島で記者会見を開き、政界引退の理由をこう説明した前衆院議員、亀井静香氏(80)。警…

亀井静香氏が引退 盟友・石原慎太郎氏との超激論エピソード (2017年10月5日 17時00分)

“政界の暴れん坊”と呼ばれた亀井静香氏(80)が、衆院選に立候補せず、政界から引退することを決めた。亀井氏は「現在の政治情勢の中で、立候補して…

亀井静香氏を忘れない…怒鳴り声一発で日本の高速道路に偉大な2つの足跡を残… (2017年10月5日 15時52分)

前衆議院議員・亀井静香氏(80歳、無所属)は10月4日、次回の衆院選に出馬せず、政界を引退することを決めたという。私は亀井氏とお会いしたこともな…

政界進出を狙っていそうな有名人ランキング (2017年8月9日 11時30分)

選挙の度に注目されるのが有名人の出馬。人気、知名度が高い有名人を候補者として立候補させたい政党も多く、今までにも数々の有名人が出馬してきまし…

ぶっちゃけおじさん顔じゃね!?と思う女性有名人ランキング (2017年5月30日 7時30分)

芸能界で活躍する女性有名人と聞くと美人を想像しがちですが、美人とは言えないけれどなんとも味がある個性派有名人も多数存在します。中でも、おじさ…

団地はかつて「夢のマイホーム」だった――ひばりが丘団地「夢の跡」#1 (2017年4月22日 11時00分)

「開高健の『ずばり東京』から50年後の東京を描くとしたらどんなテーマを選びますか」と編集部から尋ねられたとき、反射的に「団地」と答えていた。■…

本当の保守とは思えない。安倍首相の「皇室軽視」を作家・適菜収が喝破する (2017年3月28日 20時00分)

森友学園への国有地激安払い下げ問題、安倍昭恵夫人の森友学園への100万円寄付、南スーダンの「戦闘」を「衝突」と言い張る稲田朋美防衛大臣の憲法違…

イノベーションを起こすクレイジーな成功者たちは何の本を読んできたのか? (2017年3月23日 19時00分)

仕事柄、経営者に取材することは少なくない。その中で影響を受けた本を聞くことも多いのだが、確かに「日本の経営者は歴史小説が好き」という定説は頷…

ご存知ですか? 2月24日は昭和天皇大喪の礼が行われた日です (2017年2月24日 7時00分)

いまから28年前のきょう、1989年2月24日、この年1月7日に崩御した昭和天皇の大喪の礼が、小雨のなか東京の新宿御苑で挙行された。大喪には国内外から…

トランプショック!永田町に蠢く「新大統領利権」発生で「年末総選挙」急浮… (2016年11月26日 9時55分)

「変なおじさん」が超大国のトップとなり、あらゆる世界が割れようとしている。緊密な関係にあるアメリカの政治“事変”に永田町も大揺れとなり、発生し…

亀井静香氏 トランプ便乗に失敗…実際はアポなし同然だった (2016年11月14日 17時00分)

米大統領選に勝利したドナルド・トランプ氏(70)と会談しようと渡米していた亀井静香衆院議員(80)は、会談がかなわずに無念の帰国となった。ト…

トランプとパイプ作りへ渡米の亀井静香氏 自民党に電撃復帰? (2016年11月10日 19時00分)

トランプ氏が勝利したことで日本の“政界の暴れん坊”こと亀井静香氏(80)が、自民党に電撃復党するシナリオが急浮上している。6日、亀井氏はトラン…

石原慎太郎氏ドクターストップの原因は小池氏か息子たちか (2016年11月7日 17時00分)

石原慎太郎元東京都知事(84)にドクターストップが出ている。6日、亀井静香衆院議員(80)が米大統領選真っただ中のドナルド・トランプ氏(70…

日本未来の党をふりかえる (2016年10月30日 20時37分)

2012年12月に衆議院議員選挙が行われました。この回の選挙では、2009年8月に政権交代を実現した民主党が、大幅に議席を減らし、自民党が再び政権与党…

日弁連が死刑廃止の宣言文採択 実現の落としどころは「終身刑導入」か (2016年10月8日 9時00分)

日本弁護士連合会が7日の人権擁護大会で、死刑制度の廃止を目指す宣言文を採択する。司法制度改革が進む中、議論されることがなかった死刑制度にメス…

【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(後編) (2016年8月6日 6時07分)

<2016年5月27日のオバマ広島訪問に先立ち、本誌は原爆投下を決断した第33代米大統領ハリー・トルーマンの孫、クリフトン・トルーマン・ダニエルを訪…

吉原毅・城南信用金庫相談役「都知事選でも原発を大きな争点に!」 (2016年7月19日 9時01分)

小泉純一郎・元首相が、「原発即時ゼロ」を訴えて全国行脚で講演を行っている。毎回、数百人から千人規模の会場が満員になり、ますます熱気を帯びてい…

『報ステ』党首討論"1分遅れにブチ切れ"安倍首相がFacebookでさらに番組攻… (2016年6月23日 17時30分)

逆ギレクレームに他党攻撃のデマまで撒き散らす......これのどこが「美しい国」の首相の姿なのか?6月21日にテレビ朝日『報道ステーション』で放送さ…

亀井静香が語る野党共闘 「だらしねえ日本の政治に活を入れるのは共産党。… (2016年6月15日 6時00分)

参院選の注目ポイントのひとつ、それは野党共闘で自公政権の牙城をどこまで崩せるかということだ。そこで、野党の結集を呼びかけた政界のご意見番、亀…

選挙の当落を左右する!? 味わい深き「疑問票」の世界 (2016年6月14日 19時04分)

<あまり知られていないが、国政選挙で「手書き(自書式)」の投票を採用しているのは、ほぼ日本だけだ。手書きだからこそ生み出される微妙な「疑問票…

「オバマ米大統領は謝罪すべきだった」亀井静香衆院議員に聞く (2016年6月11日 6時55分)

アメリカのオバマ大統領が5月27日、被爆地・広島を訪れた。現職の米大統領としては初の被爆地訪問。当時小学生で、広島県内で原爆の「きのこ雲」を見…

小泉総理も信頼した男がもくろむ政界再編(前編)――小野次郎氏(維新の党政… (2016年2月8日 14時54分)

小泉「劇場内閣」では首相秘書官という裏方として活躍し、2005年の郵政選挙で国政の表舞台に登場した小野次郎さん。旧内務省、警察出身の政治家は中曽…

風雲急を告げる来夏衆参W選挙 安倍自民、橋下維新の芸能・スポーツ界「出馬… (2015年12月19日 17時00分)

師走を迎え、政界は一気に来年夏の「衆参ダブル選」に走り出した。安倍晋三首相は5日の会見で来夏の参議院選挙に合わせて衆議院を解散し、衆参ダブル…

達人政治家の処世の極意 第三十回「亀井静香」 (2015年12月18日 17時00分)

情熱だけは誰にも負けぬ。汚れ役いとわず。俺は矢弾を一身に受ける弁慶でいいのだ。最近は聞かれなくなったが、アブラの乗り切ったときの異名はドンド…

なぜ選択的夫婦別姓は最高裁で退けられたのか――シリーズ【草の根保守の蠢動… (2015年12月17日 9時01分)

民法733条1.女は、前婚の解消又は取消しの日から六箇月を経過した後でなければ、再婚をすることができない。2.女が前婚の解消又は取消の前から懐胎し…

「再婚禁止と夫婦別姓規定」最高裁判決に注目集まる 憲法を軽視してきた永… (2015年11月13日 6時07分)

民法の、女性に対してのみ定められた離婚後6カ月の再婚禁止規定と夫婦同姓を定めた規定について、それぞれ憲法に違反するかどうかが問われている2つの…

マンション傾斜問題後手後手 これから旭化成を待ち受ける巨額損害賠償(2) (2015年11月3日 13時00分)

さて、旭化成の社歴をひもとくと、これまで不祥事らしいものは見当たらない。その源泉には「政治力とスキャンダルを抑え込むだけの危機管理能力がある…

総理を「晋三」と呼ぶ政界のご意見番が赤裸々に語るニッポンの政治(後編)… (2015年9月23日 12時00分)

故・後藤田正晴氏が代表的だが、警察出身の政治家にはハト派を通り越して「反軍隊」とも言うべき資質の人物が多いように思われる。だが亀井氏の場合は…