『田中角栄』に関するニュース

東大医学部vs.順天堂大学 学閥の壁はバカの壁――徹底解剖 日本の大組織 (2017年8月19日 7時00分)

ナンバー内科・外科、医局講座制、大学純血主義……。おおくの弊害を生み出した「旧体制」は崩れつつある◆◆◆「第1、第2外科が連携せず、競争的関係で手…

天下の猛妻 -秘録・総理夫人伝- 池田勇人・満枝夫人(下) (2017年8月11日 13時00分)

池田勇人・満枝は、池田が「一万人に一人あるかどうか」と言われた難病の闘病中に結婚した。池田は大蔵省に入省して間もなく、天疱瘡にかかり、全身か…

北ミサイル意外な暴発抑止術 警鐘作家・濱野成秋氏が緊急提言 (2017年8月8日 8時00分)

トランプ米大統領(71)は5日、国連安全保障理事会による対北朝鮮制裁決議の採択を歓迎した。ツイッターに北朝鮮は「10億ドル(約1110億円)…

天下の猛妻 -秘録・総理夫人伝- 池田勇人・満枝夫人(中) (2017年8月4日 13時00分)

満枝夫人のハラのすわりぶりには、いくつかのエピソードがある。池田勇人は昭和35年(1960年)7月、首相の座に就いた。自民党総裁選で勝利したその姿を…

かつてのワルが“立派な人”に!? 海老蔵への「世間の視線」に違和感を覚える… (2017年8月2日 15時30分)

かつては暴力事件や隠し子騒動など“ワル”な一面でマスコミを騒がせた市川海老蔵。しかし、最愛の妻・小林麻央さんとの結婚や、彼女の闘病生活と喪失を…

“ポスト安倍”として準備着々!「石破茂政権」が実現すれば日本はどうなる? (2017年8月2日 6時00分)

安倍政権の支持率急落で、“ポスト安倍”として注目されている石破茂氏。「本当に首相になれるのか?」「首相になったら何をするのか?」--来るべき石…

北朝鮮電撃訪問以外にない----北の脅威から人類を守るために (2017年7月31日 16時00分)

習近平を褒め殺しにしていたトランプも遂に激しい失望を露わにした。軍事先制攻撃の選択はあるが、ピンポイント外科手術以外は犠牲が大きすぎる。制裁…

天下の猛妻 -秘録・総理夫人伝- 池田勇人・満枝夫人(上) (2017年7月31日 13時00分)

戦後の日本経済再建へ向けて「所得倍増計画」を推進し、高度経済成長をレールに乗せた池田勇人の妻・満枝は、わが国「ファーストレディー」の第1号で…

籠池夫妻の逮捕秒読みでも「大詰めじゃない」豊中市議が指摘する“キーマン”… (2017年7月28日 12時00分)

学校法人「森友学園」の補助金不正受給などを巡る問題で、同学園の籠池泰典前理事長(64)と妻の諄子氏(60)が27日、大阪地検特捜部の事情聴取…

籠池夫妻が事情聴取のため大阪地検へ (2017年7月27日 14時18分)

学校法人「森友学園」の補助金不正受給などを巡る問題で、同学園の籠池泰典前理事長(64)と妻の諄子氏(60)が27日、大阪地検特捜部の事情聴取…

ご存知ですか? 7月27日はロッキード事件で田中角栄前首相が逮捕された日… (2017年7月27日 7時00分)

いまから41年前のきょう、1976(昭和51)年7月27日、戦後最大の疑獄事件であるロッキード事件で田中角栄前首相(当時58歳)が逮捕された。この日、午…

「産経志塾」9月30日開催 参加者募集 (2017年7月26日 10時46分)

元秘書官が田中角栄に学ぶリーダー論、元北京特派員が習近平政権を解説産経新聞社は、若い世代を対象にした「第29回産経志塾」を9月30日(土)に大手…

天下の猛妻 -秘録・総理夫人伝- 岸信介・良子夫人(下) (2017年7月24日 13時00分)

岸家の系譜を見ると、鳩山一郎のそれが秀才揃いだったと同様、こちらもとんでもない秀才揃いだった。戦後政治史を振り返ってみると、この岸、鳩山一族…

【永田町取材40年の遺作】自民党は、裏切りと嫉妬の激しい抗争を思い出せ! (2017年7月23日 6時00分)

騙す奴より、騙される奴が悪い。それが永田町のルールだ!権力という魔物に魅せられた男たちが繰り広げる、裏切り、嘘、手の平返し、何でもありの抗争…

トランプ政権を手玉にとる危険な黒幕。 もうひとつの「ロシアゲート」はキ… (2017年7月21日 21時00分)

ニューヨーク・タイムズが「トランプ大統領の長男が大統領選挙中、ロシア政府と通じる人物と面会していた」と報じ、全米が「ロシアゲート疑惑の証拠」…

新聞オヤジ「うまいこと言ってやった感」の研究 (2017年7月21日 7時00分)

今回は“新聞文脈”について書いてみたい。「それってオヤジが発信してオヤジに響いているだけでは?」と思える言葉のつかい方が新聞にはよく登場するか…

天下の猛妻 -秘録・総理夫人伝- 岸信介・良子夫人(上) (2017年7月17日 17時00分)

男にとって、「良妻」の条件とは何だろう。男はしばしば、こんな“夢”を見る。子供の教育をよくし、家庭をしっかり守って外で働く亭主に余計な神経を使…

「小池百合子がCIAエージェントかもしれない“4つの疑惑”」を政府関係者が暴… (2017年7月15日 14時00分)

先日の都議選で自民党を圧倒した「都民ファーストの会」の創設者、小池百合子東京都知事に不穏な噂が流れ始めている。ネット上でまことしやかに囁かれ…

天下の猛妻 -秘録・総理夫人伝- 石橋湛山・うめ夫人 (2017年7月10日 18時00分)

「夫唱婦随」を絵に描いたような夫人が、鮮やかな“引き際”で名を残した石橋湛山の妻・うめであった。石橋は山梨県の日蓮宗僧侶の子として生まれ、幼名…

なぜ日本は安倍式の政客ばかりなのか―米華字メディア (2017年7月7日 6時10分)

2017年7月5日、米華字メディア・多維新聞は記事「日本政談の呪いを読み解く、なぜ安倍晋三式の政客が量産されるか」を掲載した。以下はその内容。2日…

ブルー・プラーク制度、日本でも普及させるべき 本家イギリスでは驚きの現… (2017年7月5日 17時00分)

2017年6月、「軽井沢ブルー・プラーク」制度が発足した。これは、「軽井沢の避暑地文化を発信する」ため、町内の歴史的建造物などに青い円盤状の銘板…

日中戦争から一帯一路まで「パンダ外交」の呪縛 (2017年7月4日 10時30分)

<日中現代史を動かす動物にはいつも中国名が。「平和の使者」に秘められた膨張国家の思惑とは>日本人は世界一パンダ好きな国民のようだ。6月中旬に…

天下の猛妻 -秘録・総理夫人伝- 鳩山一郎・薫子夫人(下) (2017年7月3日 17時00分)

鳩山家の血筋はいずれも揃って偏差値の高い超頭脳の持ち主で、「華麗なる一族」を構成している。鳩山一郎の父・和夫は日本における法曹界の先駆者で、…

上場申請・佐川急便の脱法体質…違法政治献金、社内クーデター、駐車違反で… (2017年6月30日 6時09分)

宅配便大手の佐川急便を傘下に持つSGホールディングス(HD)は6月14日、東京証券取引所に上場を申請したと発表した。手続きが順調に進めば、今秋にも…

天下の猛妻 -秘録・総理夫人伝- 鳩山一郎・薫子夫人(上) (2017年6月26日 17時00分)

「頭のいい男は、決して美人とは結婚しないものだ」と言ったのは、20世紀前半、イギリスで活躍した作家・サマセット・モームだった。美人というのはと…

安倍首相の「長い言い訳」と安倍チルドレンの「暴言」を“丁寧に”検証する (2017年6月24日 7時00分)

安倍晋三首相「『信なくば立たず』だ。何か指摘があれば、そのつど真摯に説明責任を果たしていく。国民から信頼が得られるように、冷静に、一つ一つ、…

脚本家の李居明さんが茂造に熱烈ラブコール?! 広東オペラ『夢の恋人 毛沢… (2017年6月23日 14時37分)

9月12日(火)に大阪・梅田のサンケイホールブリーゼで公演が控えている広東オペラ『夢の恋人毛沢東』。6月16日(金)には本公演のPR記者会見が行われ、吉…

天下の猛妻 -秘録・総理夫人伝- 吉田茂・雪子夫人(下) (2017年6月19日 17時00分)

妻・雪子の他界後、ヤモメになった吉田茂には、じつは愛した“陰の女性”がいた。本名・坂本清。花柳界・新橋で踊りの名手として名を残した老妓「おちゃ…

松本人志 “ピコ太郎”について田原総一朗から「あれ面白い?」と問われ焦る (2017年6月18日 12時32分)

ジャーナリストの田原総一朗氏が6月16日放送のトークバラエティ番組『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)でロケ企画“本音でハシゴ酒”に出演した。携…

麻生太郎、次期首相か…自民党内で安倍首相「終焉」の動き加速 (2017年6月16日 6時00分)

安倍晋三首相が蕎麦を注文。店員が「もり」か「かけ」かを聞くと、首相は血相を変えて逃走──こんな漫画が話題になっているという。言わずもがなだが「…