『木嶋佳苗』に関するニュース

【実際に行ってきた】謎多き全国「不審死」事件の現場5連発 (2016年10月2日 20時00分)

特定の人物の周りで起こる、数々の不審死……。謎に包まれた事件は世間を騒がせマスコミ報道も加熱するものだ。しかし犯人が特定され時間が経過するとメ…

結婚に執着して、人生を狂わせた女たちの事件簿 (2015年11月25日 16時10分)

人生において結婚は最も重要な行事です。しかし、重要なゆえに人間の性(さが)や愚かさが現れるのも事実。『「魔性」の女に美女はいない』(小学館)…

ばびろんまつこから透けて見えるコンプレックスがたまらない (2015年11月21日 7時00分)

10月京都府警に詐欺と商標法違反で逮捕された松永かなえ容疑者(26才)。彼女が「ばびろんまつこ」と称してツイッターに綴ったセレブ生活が話題になっ…

いつも同じお題なのに、なぜ落語家の話は面白いのか?【立川談慶インタビュ… (2015年11月16日 6時30分)

漫才師は、最新の時事やトレンド、芸能ゴシップなどを織り交ぜながら、つねに新しいネタを披露する。面白いか面白くないかの判断は、ネタの新しさとオ…

結婚に「愛」はむしろ邪魔である―岩井志麻子さんインタビュー【前編】 (2015年11月4日 6時30分)

「結婚をフック」に「女の強かさ、計算高さ、愚かさ、男のずるさ、短絡的でだらしない幼さ」をとことんまで書いた新書『「魔性の女」に美女はいない』…

あまりにホラーな16編が綴られている岩井志麻子による実話集 (2015年10月18日 7時00分)

【話題の著者に訊きました】岩井志麻子著/『「魔性の女」に美女はいない』/小学館新書/821円18才年下の韓国人男性と2度目の結婚をしたものの別居し…

木嶋佳苗が、男にとっての女神になり得た理由―『黄泉醜女』花房観音インタ… (2015年10月4日 9時00分)

婚活連続殺人事件で死刑判決を受けた春海さくら。世間はその醜い容姿に騒然とし、これまで彼女と関わりがあった女たちは、あらためてさくらとは自分に…

木嶋佳苗が超越した、女性につきまとう美醜の問題―『黄泉醜女』花房観音イ… (2015年10月4日 9時00分)

周りはみんな結婚したり、婚活をしたりしているのに、いま一つ結婚願望がわかない。いろいろと理由はあるものの、一番は、「旦那さんに毎日ご飯を作っ…

【尼崎連続変死】公判で明らかになった新たな暴力「美代子はモノマネ強要さ… (2015年9月23日 12時30分)

2011年11月に兵庫県尼崎市の倉庫で女性の遺体が見つかったことがキッカケで発覚した『尼崎連続変死事件』。主犯格とされる角田美代子元被告(64=当時…

岡田斗司夫愛人事件とサークルクラッシャーは社会全体の問題である (2015年8月18日 10時50分)

「サークルクラッシャー」とは、男子の集団にひとり入りこみ、色恋沙汰を起こして集団を崩壊させる女子のこと。最初に観測されたのは、ゲームセンター…

【尼崎連続変死・公判】ワイセツ行為にブチ切れた角田美代子「絶対に許さへ… (2015年7月27日 12時30分)

兵庫県尼崎市の倉庫で大江和子さん(66=当時)の遺体が見つかったことがきっかけで発覚した「尼崎連続変死事件」。複数の家族が角田美代子元被告(64…

本好きリビドー(61) (2015年6月27日 22時00分)

◎快楽の1冊『どうせ死ぬのになぜ生きるのか』名越康文PHP研究所780円(本体価格)名著である。刊行は昨年2014年の11月。重刷が続いているようだ。著者は…

女同士の上下関係は男より厳しいというのは本当か (2015年6月10日 9時15分)

■「女はドロドロ……」それは男の妄想ですこういう話題を振られると、私はいつもイラッとするんです(笑)。たしかに女同士で先輩に遠慮することはあり…

警察が事件化できない「エクストリーム自殺」の闇 (2015年5月29日 7時50分)

5月中旬、セレブの街として有名な東京・港区白金台のビルの間に人が倒れているとの通報があり、駆けつけた警察官によって女性が死亡しているのが発見…

『モーニングバード』青木理に有名タレントとの不倫情報! 官邸=公安の仕… (2015年4月27日 9時03分)

「青木理」というジャーナリストをご存知だろうか。共同通信出身で、そのスタンスはいまどき珍しいリベラルなジャーナリストだ。先ほどの朝日新聞慰安…

女向けvs男向け「恋愛・セックス特集」どこが違うか (2015年4月21日 10時15分)

■「自分でパンツ脱ぐ」は禁じ手である昨今、男性向けの週刊誌では「セックス特集」がたびたび組まれています。大きな話題を呼んだのは「週刊現代」の…

なぜ!? 木嶋佳苗だけじゃない「凶悪犯の獄中婚約&結婚」まとめ (2015年3月28日 17時40分)

交際していた男性3人がたて続けに不審死した、通称“婚活連続殺人事件”。この事件で死刑判決を受けた木嶋佳苗被告が、獄中結婚したというニュースが話…

獄中結婚した“木嶋佳苗”は、なぜモテる? 過激なポルノ私小説『礼讃』でそ… (2015年3月26日 11時30分)

ここ数年、ホリエモンの獄中メモなど、刑務所にいる受刑者の言葉が支援者の手によりブログ等で発信される機会が増えてきた。ことの善悪は別にして、彼…

木嶋佳苗被告の自伝的小説が発売! 初潮、初体験、援交…赤裸々な性を綴っ… (2015年3月10日 20時00分)

ニコニコチャンネルより先日、「婚活連続殺人事件」の木嶋佳苗被告の自伝的小説『礼讃』が角川書店から発売された。彼女が起こしたとされる2009年に発…

「高齢者は攻略しやすい」被害が相次ぐ投資詐欺の陰湿手口 (2015年1月26日 11時50分)

1月21日、高齢者ばかりを狙い架空の株取引を持ちかけ、全国の男女19人から約1800万円を騙し取っていた容疑で男6人が警視庁に逮捕された。主犯格の男(…

本好きリビドー(36) (2014年12月28日 20時00分)

◎快楽の1冊『5人のジュンコ』真梨幸子徳間書店1500円(本体価格)この小説は2009年に発覚した首都圏連続不審死事件からインスパイアされて書かれたよう…

京都夫毒殺事件の容疑者の手口の酷似の直木賞作家の小説存在 (2014年11月28日 16時00分)

結婚相談所を介して出会った男が次々と死んでいく…。2009年に日本中を震撼させた、木嶋佳苗被告(40才)の向こうを張る女が、京都に現れた。11月19日…

近畿男性連続不審死事件 容疑者女はED薬が死因と主張してた (2014年11月24日 16時00分)

近畿圏で資産家男性が次々と不審死を遂げた事件で「第2の木嶋佳苗」と疑惑視されていた67歳女性がついに逮捕された。京都府警は11月19日、昨年12月に…

京都連続不審死事件と酷似!話題の小説『後妻業』はなぜ事件を予見できたか (2014年11月22日 18時58分)

京都府向日市の連続不審死事件が大きな話題になっている。夫の殺害容疑で逮捕された67歳の筧千佐子容疑者の周辺には、多数の不審死男性の存在が浮かん…

『昼顔』『聖女』など背徳エロスドラマはなぜ受けるのか? (2014年10月5日 7時00分)

近年、女性をターゲットにした刺激的な恋愛ドラマが受けている。最近では、夫のいない昼間に不倫する妻を描き、民放連続ドラマ2位の大ヒットで9月25日…

『報道ステーション』ディレクター自殺で飛びかう原発"謀殺"説の真偽 (2014年9月11日 8時00分)

『報道ステーション』(テレビ朝日系)の報道ディレクターだった岩路真樹氏(49)の"死"が波紋を広げている。岩路氏は8月30日朝、自宅内で遺体となっ…

女子ならわかる!?“ブスが美人よりもモテる一番の理由” (2014年8月20日 10時18分)

女子が婚活で重視するポイントから、結婚詐欺にひっかかりやすい男子のタイプ、ブスが美人よりもモテる理由まで、女子155名に聞いてみた映画好き女子…

京都・大阪連続不審死事件 疑惑の67歳老女(野際陽子似)の正体(2) (2014年8月16日 19時00分)

もっとも、気になるのはここまで警察とマスコミの注目を集めている疑惑の熟女の素性だろう。もともと、Aは福岡県北九州市生まれ。県内の名門高校を卒…

二股を操り男を葬った婚活サイト殺人裁判 (2014年8月11日 19時00分)

さいたま地裁でいわゆる“首都圏連続不審死事件”で殺人などの罪に問われている木嶋佳苗被告(39)に死刑判決が言い渡されたのが、2012年4月。それから2年…

木嶋佳苗被告の“有料日記”の中身 (2014年7月6日 19時00分)

婚活サイトで出会った男性たちを次々に自殺に見せかけて殺害したという、いわゆる首都圏連続不審死事件で殺人などの罪に問われている木嶋佳苗被告(39)…