恋愛・女性-LAURIER(ローリエ)

「内部表現の書き換え」でもっとなりたい自分になる!

2012年10月6日 10時00分 (2012年10月25日 15時56分 更新)

心理学と占いを融合したセッションを行っているMrs.K先生

あなたは自分が好きですか? 「なりたい自分」になれていますか?
なりたい自分のイメージにたどり着けていないあなたに、「内部表現の書き換え」というカウンセリング手法をご紹介します。

「内部表現の書き換え」とは、簡単に言うと、自分自身に暗示をかけ、できないものでもできると信じることによって、能力を引き出すものだそうです。また、自分の中に隠されているトラウマ(盲点)を探し出すこともでき、潜在意識に直接介入し働きかける認知心理法とも言われています。

この手法を用いる占い師でライフアドバイザーのMrs.K先生に、内部表現の書き換えを上手に活用する方法を教えてもらいました。

セッションの進め方


内部表現の書き換えは、脳科学に気功の発想を掛け合わせて編み出されたものです。
自分の脳・感情に働きかけ、トラウマを手放して気持ちを楽にしたり、自信をつけて可能性を引き出したりします。
セッションではまず、クライアントの話をゆっくり聞かせていただきます。才能を制限するネックになっているのは何か。隠されたトラウマ(盲点)は何か、話しながら特定していきます。
次にイメージ療法のように、過去や制限を手放す方法をお教えします。ポイントは、ガイドに従いつつも、自分自身で自分を解放することです。
最後は、占いによって具体的な行動の時期などを鑑定します。

こんな方にオススメ


「人生におけるライフスタイル」のバランスを整える(恋愛、結婚、仕事、美、健康、経済など)という意味では全ての方にお勧めしたいセッションでもありますが、その中でも、もっと努力できる人間になりたい、もっと空気が読めるようになりたいなど、変わりたいと思っている人にお勧めです。このような場合は、変わる妨げになっている深層心理を探り、解放するセッションを行います。
また、自分の運気が悪いと思っている人。恋愛運が悪い、仕事運が悪いなど。運が「悪い」と思うことによって、無意識のうちに改善しない方向に行動している可能性がありますので、無意識下の思い込みを解放するお手伝いをします。
叶えたい夢があるのに、なりたい姿があるのに、いまひとつがんばれない人も、がんばれない理由の根源を探り出して取り除けるのでお勧めです。

自己啓発セッションを選ぶときに気をつけていただきたいこと


「1回だけで変わった!」「こんなに簡単に変わった!」「●●だけで変わった!」と、安易な解決を謳っているアドバイザーは要注意。
関連キーワード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品

携帯電話でニュースをチェック!
携帯ポータルサイト「エキサイトモバイル」