指輪の場所にはそれぞれ意味が。効果を知って運気アップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

どんなパワーを求めているのか、意識して指輪をつけよう

[拡大写真]

なにげなく普段している指輪。フォーマルな場所へ出かける際につける指輪、皆さんシチュエーションはいろいろだと思います。ただ指によって、それぞれ意味がちがうのをご存じですか? また呼び込むパワーがちがうのです。「指がむくんじゃって……」なんて、いつもとは別の場所につけたその指輪。今求めているのは、その効果なのでしょうか? 指輪の場所を知って、1番欲しい効果をどんどん呼び込みましょう。

■親指
親指には権威の象徴・意志や信念の強さを表す意味が。貴族や大富豪は、決まって親指に指輪をしています。「Good Job!」と親指を立てるのも、よい結果を出したから。夢がひとつずつかなっているというサインですね。また右手は現実的なモチベーションの維持・自己アピールの意味。左手は信念を貫こう・現実を変えてみせる!という、大願成就を望むとき。気持ちを貫くという意味では、一途な愛を貫く効果もあります。

■人差し指
精神性を高める意味があり、落ち着き・風格・集中力・説得力をもたらす効果。目的地を指差すときは、人差し指ですよね。目標を見定め、そこへ向かって着実に歩む意志を見せるのが人差し指。さらにリーダーがその指を掲げれば、みんながついていきます。人を統率するのに効果的。右手は精神を集中させ、頭がさえ渡ります。さらに説得力が増すので、交渉やプレゼンなどはここに指輪をして。左手はやる気を起こさせ、どうしても一歩踏み出したいとき、その後押しをしてくれますよ。
関連キーワード

ライター情報

鈴木ナナ/studio woofoo

お酒と食べ歩き、人間観察が趣味のフリーライター。心理カウンセラーの資格を有し、夜な夜な面白い人を探しに街へ繰り出すのが趣味

URL:twitter@balinana

2014年4月30日 07時00分

注目の商品