手相を自分で書いて運気をアップさせる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

手相をマジックで書いちゃおう
Photo by Thinkstock/Getty Images

[拡大写真]

手相発祥の地は、3千年前〜5千年前のインドだとされています。日本には平安時代に仏教とともに伝わり発展してきたのだそうです。あなたは自分の手相をじっくり観察したことがありますか?

筆者の手のひらは昔からシワシワがいっぱい......なのですが、よーく観察してみると、悩みがたくさんあってモヤモヤしているときは、横線だらけのシワシワ状態になり、仕事や恋がうまくいってハッピーなときは、縦線のシワシワ状態になっていました。調べてみると、この縦線は「向上線」とよばれるもので、運気がアップする手相とのこと! このときは、運気が良くなってから手相の変化に気づきましたが、逆に考えれば、手相を変えることで運気アップもできるということ......ですよね!?

手相がないなら、書けばいいじゃないか!


最近では運気アップを狙って、手相の整形をする人もいるそうです。でも、そこまでしなくても、なんとペンで手相を書くだけで開運できるのです!

どっちの手に書けばいいの? 色は?


右手にペンで書けばオーケー。色は何色でも構いませんが、オススメはゴールドやシルバーなどキラキラした色。もしくは血液の色であり、力強いカラーイメージのレッドなど暖色系の色です。

◆とにかくモテたい!
「とにかくチヤホヤされたーい!」という人は、手のひらの中央に伸びている運命線から、小指方面側の斜め下に流れる線を書き足してください。これは「人気線」というもの。
関連キーワード

ライター情報

YUE /プロップ・アイ

美容やグルメスポットの取材、恋愛リサーチ、編プロにて本の執筆、編集作業をしている。2012ミスアースジャパンファイナリスト ナッツマイスター。

URL:有限会社プロップ・アイ

2014年6月14日 08時00分

注目の商品