曖昧関係から恋人になるためにするべき3つのこと

ライター情報:しょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

曖昧な関係が長く続くと、「もうこのままでいいかな……」とか、「いっそうのこと諦めてしまおうか。」など、いろいろ想い悩んでしまいますよね

[拡大写真]

なかなか抜け出せない、「友だち以上、恋人未満」の関係。曖昧な関係の恋は、なぜかダラダラ、ズルズルと長く続いてしまうもの。今回ご紹介したいのは、“相手の気持ちが視える”と噂、エキサイト電話占いの夢月先生。「曖昧な関係を卒業したい」「あの人の恋人になりたい」そんな切なる願いや恋の相談が多いのだとか。

どうして曖昧な関係になってしまうの?


曖昧な関係とは、言い換えれば、答えを出さない関係です。YESでもNOでもない、正解も不正解もない関係。相手に居心地の良さを感じたら、長く続けていける関係です。通常の恋愛は、相手との関わり合いの中で好きになり、気持ちが通じ合いお付き合いが始まる。そしてその結果が良ければ、次のステップへと進み、合わなければ別れるという選択になります。相手のことがYESであれば関係性が残り、NOならばそこで別れる選択になるため、縁が残ることは少ないのです。
曖昧な関係は、答えの必要がない関係なので、気が合う相手ならいつも楽しく、逢いたい時 に逢えます。恋人同士のような義務的な感覚もなく束縛されないため、楽な関係だと言えますね。もちろん、異性として相手が好きなタイプであることが絶対条件になります。

曖昧関係を卒業! 恋人になるために、するといい『3つのこと』


1つめ:本音で話をする


恋人ではない間は、関係性は楽しくても本音では話せていない場合が沢山あります。彼女じゃないからと遠慮し過ぎてしまい、核心の部分に触れることが出来ずにいるんですね。

ライター情報

しょう

フリーライター。占い、魔女術、心理学を中心に執筆活動中!

2015年8月14日 08時00分

注目の商品