男を遠ざける「自分磨き」「自分へのご褒美」自己投資が大好きな女たち

「自分へのご褒美」とかなんとか言って「言い訳」の材料にしていませんか?
Photo by Thinkstock/Getty Images

[拡大写真]

英会話、ダンススクール、ヨガ、ゴルフ、料理、お菓子作り、エステ、ネイル……。習い事や美容、自分への投資を絶やさない女性たち。自分への投資…いわゆる「自分磨き」というやつである。自分を高めること、上昇志向なのはいいのだが…。そしてあっちもこっちも手を出して多忙ぶりをアピールし「自分磨き」とか言ってる人に限って、結婚したいのに結婚出来ずに余っていたりする。
アナタの周りにもいるはずだ、自己投資の絶やさない勘違い女が…。

「M1・F1総研(R)」が発表した「F1の“婚活スパイラル”」によると

ーー“婚活”を意識する未婚F1 は、自分への投資に積極的です。
彼女たちは、資格や自己啓発に関する情報への関心が強く、自分を美しく着飾るためのアイテムや美容関連、習い事など“自分磨き”に繋がるものに対して惜しみなく消費する傾向があります。また、婚活には「料理・家事スキル」「容姿の良さ」が必要であると考えており、この意識が消費行動に少なからず影響を与えていることが予想されます。


この調査で婚活を意識しているF1層(20~34歳)の未婚女性はファッション、美容、習いごとにかける費用が高く、自分への投資に強い関心を抱いていることがわかったのである。自分磨き……しかしこの意識の高さが結婚を遠ざけ、人を遠ざけるのである!

先日放送された「マツコ&有吉の怒り新党」もいい例である。
この番組は「ちょっと腹立つけど、これ怒っていいですか?」という視聴者から募集した内容に対して、マツコ・デラックスと有吉がこの怒りに白黒つけるべく意見を出し合い判定を下す。視聴者から寄せられた日々の怒りがまた面白い。
そこで盛り上がったのが「自分磨きとか、自分へのご褒美、とか言ってる人に対して腹が立ちます」と言う36歳専業主婦の投稿。

「いるいる~」
「そうそう、イラッとくるのよ!」
と頷き、賛同した人も多いことであろう。マツコも怒った「自分磨き」。「『自分磨き』って、普通、自分では言わないわよね~」
そして、投稿者のご意見は「『自分へのご褒美』と言っている人は、浪費家が多いように思う…」との指摘。これに対してマツコは「自分のお金使ってるんだから、いいんじゃない?」「でも、奥さんが自分へのご褒美とか言ってアレコレ買ってたら嫌だな~」と有吉。

そう、一人で稼いで一人で使うことに誰も文句はない。しかし、人のお金で浪費家だと困るのだ。私は「ご褒美」とは我慢した上で、与えられるもの、努力の成果で与えられるもの、また目標や目的を達成したら与えられるものかと思う。
関連キーワード

ライター情報

神崎桃子

辛苦をなめつくしてきた体験型ライター。
幼年の頃より家庭環境や経済事情により世間の荒波にもまれながら、数々の職歴を経験してきた雑草魂とバラエティに飛んだ男性遍歴を通じて得た「自虐ネタ」が武器。仕事がうまくいかない…男に振り回される…失敗しても笑い飛ばして前に進める強さと勇気を与える執筆活動を展開。
やる気のないイマドキ男子や多種多様なダメンズの生態や習性を暴き、ヘタレ男・草食男子仕置人としても活動中。ダメンズレスキューマニュアル「恋愛サファリパーク~必要なのは女子力よりサバイバル力!!」は「男運が悪い」「恋愛がうまくいかない」「結婚できない」…と嘆いてる女性達へ恋愛の教訓を伝授。

オフィシャルサイト:痛い女はもう卒業!アナタの失敗を武器にする恋愛サバイバル教官 神崎桃子
ブログ:体験型恋愛コラムニスト神崎桃子の“草食男子お仕置き日記”
Facebook:神崎桃子

2012年5月6日 13時00分

注目の商品