究極のデトックス&ダイエット法!? “寝かせ玄米”って?

寝かせ玄米と無農薬のお野菜に具沢山の汁物……OLさんやビジネスマンにも人気だそう。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

もうすぐ6月、お昼は薄着で外を歩いていても気持ちの良い季節になりました。身軽で動けるのは嬉しいけれど、ちょっぴり気になるのは、二の腕やウエストのラインが隠せなくなってきたこと(笑)……いいえ、笑えません!

本格的な夏がくる前に痩せなくちゃ! と思うけれど、過激なダイエットをしてもリバウンドを繰り返すだけ、というのは(私が)体験済み。でも、なるべく早く、健康的な方法で美しくなりたい、そういう方も多いのではないでしょうか?

そこで、究極のデトックス&ダイエット法として近年話題になっている“寝かせ玄米“ってご存じですか? 実際、私の友人が“寝かせ玄米”を10日間食べ続ける七号食にトライ、業界人の為、乱れがちな生活なのにもかかわらず、お肌のつやが良くなって、身体もスッキリ。とっても健康的に痩せて、いきいきしていました。他にも、美容関係の方やモデルさん、会社の社長(男性)など、色んな方がトライしてはリピーターになり、TV&ラジオ番組からも取材を受けるほど、だんだんと話題に。

とはいえ、そもそも“寝かせ玄米”って聞き慣れない言葉ですよね? そこで今回は、考案者である株式会社結わえるの荻野芳隆社長にお話をお伺いしてみました。

実は荻野社長、「マクロビ、自然食、ナチュラル、オーガニック」を謳っている店には全く関心がないのだとか(笑)。ですので、お酒好き、お肉好きな方、ぜひ読むのをやめないでくださいね。

――“寝かせ玄米”って一体何なのでしょう?
荻野社長「100%玄米と小豆、少々の天然塩を特殊な圧力鍋で炊いてから、4日間熟成させた、もっちもちで誰もが驚く玄米のイメージを覆す美味しい玄米ごはんです。
みなさん、餅米が入ってると勘違いするくらい、おこわのような食感なんですよ」

――わ、美味しそう! それでは、七号食についても教えてください
荻野社長「七号食とは、10日間『玄米ごはんとごま塩、お茶のみ』で過ごすという究極の身体リセット法です。断食とは違い、玄米ごはんであればいくらでも食べてOKです。
それなのに、普通の人で3キロくらい、多い人だと8キロくらい痩せます。そして、病院に行く程でもない、誰もがそれぞれ持っている慢性的な、便秘、頭痛、肩こり、寝付きの悪さ、肌荒れなどが改善されることが多いです。

そして、お肌が綺麗になる、透明感が出る、化粧のノリが違うなんてことも良く聞きます。ただし、実はほんとの目的はこれらではないのです。

ライター情報

ミカマイコ

主に女性誌で、美容・グルメ・旅行・ファッション・ブライダル等、幅広く担当。趣味はスパ巡り。バリ島やタイ等、アジアだけでなく、フランスやLAのスパもお気に入り。

2012年5月29日 11時50分

注目の商品