連絡が激減…交際前後で「温度差」がある男性と付き合うには?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ぜひ一度「お互いに満足しあいながら、うまくやっていく方法はないか」を探り、試行錯誤してみてくださいね
Photo by Thinkstock/Getty Images

[拡大写真]

発言小町に、「付き合う前と後の温度差」という投稿が寄せられました。
トピ主さんは26歳の女性。3カ月ほど前から年上の彼と交際していますが、その彼の“付き合う前と後の温度差”に驚いています。付き合う前は毎日だったメールのやりとりは徐々に減り、お出かけも交際後は1、2回のみ。彼本人も「冷たいとよく言われるし、これまで付き合ってきた女性にも、“本当に私を好きでいてくれてるとは思えない”と言われてきた」と交際前に話していたそうで、トピ主さんは「確かに彼の言う通りだった」と感じています。

折り合いが付くポイントは? 勇気を出して話し合ってみよう


以前付き合っていた彼とは、毎日連絡し、休みが合えば会うのは当たり前だったそうで、「いろんな人がいるなと実感している」というトピ主さん。「彼はそういう男性なのだな」と受け入ることができるのであれば、それもひとつ。「自分も好きなことができるし、友達と会う時間もある」などとプラスに捉えてみることもできるでしょう。

ただ、今回の投稿からはトピ主さんは今の交際に満足できていないことが伝わってきます。なにより、「自分は好かれてるなと思えることはひとつもありません」という一文が気にかかります。「恋人に好かれていると全く思えない」というのは問題かもしれません。

「連絡をもう少し密に取りたい」と思っているのであれば、まずは彼にそのことを伝えてみては。「先にそういうタイプだと言われたうえで付き合ったのだし、これを言えば破局になるのでは……」という不安があるのかもしれませんが、このまま我慢して交際を続けていても、いずれ破局を迎えかねません。
関連キーワード

ライター情報

外山ゆひら

対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

URL:Twitter@yuhira_tw

2015年5月12日 08時00分

注目の商品