女子校は”こじらせ女製造工場”!? 女子校出身者がやりがちな自爆あるある3選

このエントリーをはてなブックマークに追加

本来の「女子校」、それは“闇と病み”(小悪魔ageha的に)が混在する底なし沼

[拡大写真]

女子校――。はぁ、なんという甘美な響きでしょうか。いたいけな少女たちがセーラー服を翻し、サラサラの黒髪ロングヘアーを躍らせながら弾けんばかりのキラキラした笑顔でたわむれる。

……というのは残念ながら妄想の産物であり、ほぼフィクションといっても過言ではありません。6年間の女子中高生活を経て筆者が目の当たりにしたのは、この残酷な現実でした。とはいっても、中高女子校なんてのはまだまだチョロいもの。そんなエデンに小学校から大学まで16年間通い続けた友人は、より深い闇を見たようです。コワイよ〜。

本来の「女子校」、それは“闇と病み”(小悪魔ageha的に)が混在する底なし沼であり、かなり控えめに言っても“こじらせ女製造工場”に他なりません。しかしッ! だからこそ、この上なく狂っていて、最ッッッ高な空間でもあるんです!

さて、そんなこじらせ女製造工場こと女子校は、毎年こじらせ女子を社会へと送り出しております。井の中の蛙だった彼女たちが大学という大海に放り出された時、A級、いやS級のこじらせ「喪女」妖怪へと変貌することが少なくありません。喪女とはネット用語ですが、簡単に言えば「モテない女子」。女子校出身女子の場合、たとえ容姿は可愛かったとしても喪女と化すことがしばしば。

ということで、女子校に通っていた20代女子の実体験を元に、女子校出身喪女あるあるを考えてみましょう。

その1.男慣れしておらずオラオラに振る舞って自爆


「男子に対して女の子っぽい振舞いができない。

ライター情報

ヤマグチユキコ

20代女子WEBライター。趣味はヨガと将棋と杏仁豆腐作りです!

2015年7月22日 18時00分

注目の商品