その一言がケンカの原因に? 凹んでいる男性に言ってはいけない3つのフレーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

本気で好きな男性を慰めたければ、言葉よりも彼の背中を抱き締めるべし!

[拡大写真]

「大丈夫じゃねえよ!分かったような口きくなよっ」
……へこんでいる彼氏や男友達を慰めようとして、かえって相手の気持ちを逆撫でしてしまった、なんて経験はないだろうか?

落ち込んだ人を慰める、元気づけるという行為はとても難しい。タダでさえ敏感になっている相手を、さらにナーバスな状態にさせてしまうこともあり得るのだ。
相手が女性ならばまだ「掛けてほしい言葉」もなんとなく分かるが、凹んでいるのが男性ならば難易度はあがる。男と女の「求めるもの」はビミョーに異なるのだ。

今日は「落ち込んでる男性に言っちゃいけない地雷ワード」を集めてみたので、以後これらのフレーズは「使用禁止」にしたほうがいいかもしれない。

1.「頑張って!」


「俺が仕事で大きなミスをして取引先と上司からメッチャクチャ怒られたとき、気が滅入って当時の彼女に長文メールをした。その返事が『ふ~ん。大変だね、頑張って!』だったときはよけい凹んだな。『はぁ? まだ努力しろってか?』『俺のやってることなんて何も分からないクセに……』って感じちゃって……。以後彼女に仕事の話や職場の話は一切しなくなった。それだけが原因じゃないけど何となくうまくいかなくなって……結局彼女とは別れちゃいました」(30代・男性・メーカー)

――落ち込んでいる男性にかけちゃいけないフレーズナンバー1がこちら。「頑張りなよ」のこの言葉は「俺の努力が足りないってのかよ!!」と彼らのプライドを刺激してしまうので、男性にはMGなのだ。

ライター情報

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト
大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

URL:神崎桃子オフィシャルサイト

2015年11月26日 08時00分

注目の商品