「輝いているわたし」になるために必要な考え方とは

2016年1月4日 08時30分

ライター情報:ひとみしょう

このエントリーをはてなブックマークに追加
「輝いているわたし」を手に入れるのは、なかなか大変なことだろうと思います。
まず、自分が「これは!」と思える仕事に出会わないといけないでしょうし(彼氏の世話をするという仕事も含めて「これは!」という仕事、ということです)、その仕事のなかで「自分の居場所」を確保しなくてはならない……。ああ大変。
でも、もっと簡単に「輝ているわたし」を手に入れる方法があります。

誰かに輝かせてもらえばいい


すごく単純な話、誰かに輝かせてもらえばいいということです。
彼氏に輝かせてもらうとか、仕事仲間の誰かに輝かせてもらうとか、そういうことです。つまり、「この人を輝かせてあげたい」と思ってくれる人をまわりに置いておくといいということです。
女王様がシモベの者をまわりにハベらせておくという、マンガのようなことではありません。

たとえば、あなたが「この人を輝かせてあげたい、この人にはいつも輝いていてもらいたい」と思える人って、誰なのか? を考えてみると、答えが出てきやすいでしょう。

たとえば「いつも会うたびに、あなたに元気をくれている誰か」に対して、あなたは「この人にはいつも輝いていてほしい」と思ったりしませんか?

いつも元気でいればいい


つまり「いつも元気でいれば」自然と人が寄ってきます。寄ってきた人は、あなたから元気をもらうわけですから、あなたに感謝します。そしてまた会いたいと思います。また会って、パワーをもらいたいと思います。

ライター情報

ひとみしょう

作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本抱える

URL:facebook

注目の商品