NEWS加藤シゲアキの小説が映画化 62分後の衝撃に注目『ピンクとグレー』

2016年1月8日 12時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年もついにスタート! 新たな一年が始まったというのに休みボケから立ち直れない……という方も多いのでは? 今回はそんな方必見。ぼけーっとした頭を冴えわたらせてくれる衝撃の作品、映画『ピンクとグレー』をご紹介します。
(C)2016「ピンクとグレー」製作委員会

映画『ピンクとグレー』ストーリー


大人気スター俳優・白木蓮吾(Hey! Say! JUMP中島裕翔)が突然自殺。第一発見者となった蓮吾の幼いころからの親友・河田大貴(菅田将暉)は、蓮吾が最期に残した6通の遺書を手にする。その遺書に導かれるように、親友蓮吾にかわって新たなスターの地位を手に入れた大貴が、迷い苦しみながらたどり着いた真実とは――。

同じ団地で育ち、同じ青春時代を分かち合いながらともに芸能界へと夢を追いかけていった蓮吾と大貴。その2人の葛藤と決裂、そして再会後、突如訪れた永遠の別れまでを描いた前半。親友の死の真実を、蓮吾と同じスターの地位を手にした大貴が悩み迷いながら追い続ける後半。その狭間、幕開けから62分後に訪れる、「ピンクからグレー」に世界を変える、“ある仕掛け”が、青春映画ともミステリーともカテゴライズできない、いい意味でぞっとする(?)極上のエンタテイメントへいざなってくれます。
(C)2016「ピンクとグレー」製作委員会

『ピンクとグレー』の見どころは?


本作の原作は、2012年に出版されたNEWS加藤シゲアキさんの処女作「ピンクとグレー」。現役アイドルが描いたとはにわかに信じがたい、芸能界の嘘とリアルの世界は、瞬く間に話題作となり、後に執筆された「閃光スクランブル」「Burn.-バーン-」とともに「渋谷サーガ」3部作として、人気を博しています。

注目の商品