「行けたら行く」を本気にする人たちに共通する恋愛傾向

2016年1月11日 12時00分

ライター情報:菊池美佳子

このエントリーをはてなブックマークに追加

「行けたら行く」を本気にする人に遭遇したら、彼女たちの恋愛スタンスから学びが得られる可能性大

[拡大写真]

「行けたら行く」――これまでの人生で、耳にタコができるほど聞かされた人も多いでしょう。ごめんなさい、筆者自身も、何件かのお誘いに対して、「行けたら行くね」と、曖昧な返しをしてしまいました。ここでは、「行けたら行く」発言をする人ではなく! 「行けたら行く」を真に受ける人に的を絞り、話を進めたいと思います。

「行けたら行く」を本気にする人々


「行けたら行く」は、ていのいい断り文句とまで言いませんが、かなりの高確率で来ることはない……これって周知の事実ですよね。かと思いきや、「行けたら行く」を本気にする人が、少数ではありますが、確かに存在するんです!

先月参加した飲み会での出来事……お店ではなく、駅の改札集合だったのですが、メンツがそろい、さてお店に向かおうかという流れになったとき、その中の一人が「ちょっと待って!」と、ストップをかけました。「そういえばA子ちゃんが、行けたら行くって言っていた!」「待ち合わせ日時と場所は知っているはずだから、もう少し待ってみよう」と言い出したのです。

「来るわけねえだろ!」と、筆者が心の中で悪態をついたのは、言うまでもありません。案の定、A子ちゃんは現れませんでした。

つい先日参加した新年会でも、同じような出来事が! こちらは、お店にコース料理と飲み放題の予約を入れていました。メンツがそろい、店員さんに「飲み放題、ただいまの時刻からスタートでよろしいですか?」と声をかけられた瞬間、またもやストップをかける人物が……。
関連キーワード

ライター情報

菊池美佳子

1977年3月17日生まれ。岩手県盛岡市出身。21歳~29歳まで、舞台女優のかたわら、様々なナイトワークを体験。29歳で引退後、コラムニストに転身

URL:エキサイト電話占い所属占い師

注目の商品