アソコの毛を伸ばすと美人になれる!? 伸ばして「美人になる毛」と「ブスになる毛」

2016年1月17日 16時30分

ライター情報:おーさか ちさ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ンプレックスになりがちな「毛」とは、素材の良さを生かして上手く付き合っていきましょう

[拡大写真]

「脱毛が辞められなくて貯金ができない」と友達が言うのを聞いた時、命懸けで毛の処理をする女性もいるのだと衝撃を受けたものです。
抜き続けても、剃り続けても、生えてくる……「毛」。
嫌ですよね。
しかし、命懸けで毛の処理をする女友達でさえ、体に生えている全ての毛を抜きたいと躍起になっているわけではありませんでした(当然ですよね! 髪の毛はあった方が良いに決まっています)。
それでは一体、どの「毛」はない方がよくて、どの「毛」はそのまま伸ばしていてもいいというジャッジになるのでしょうか?
髪の毛、鼻毛、すね毛、まゆ毛、脇毛……。
体中生えている女の毛について考えてみると、伸ばして「美人になる毛」と「ブスになる毛」があることに気づかされます。

伸ばすと「美人になる毛」


伸ばすと美人になる毛の代表は、「髪の毛」、「まつ毛」、そして「うぶ毛」です。
なかでも髪の毛は、伸ばせば伸ばすほど美人になります!
……というと語弊がありますが、髪が長いというだけで「美人そう」に見えてきます。なぜなら、髪自体の存在感が大きくなることで、顔よりも髪の毛に目が行きやすくなるからです。
正面から向かい合っていても、ちょっと揺れるだけで髪を自然と目で追うようになり、短い髪に比べると顔からピントが外れやすくなります。顔にあまり自信がない方は、卑屈になる前にだまされたと思って髪の毛を長く伸ばしてみてください。
問題なのは「うぶ毛」。
うぶ毛を結構気にする方は多いと思いますが、男性は女性が思うほど気にしていない場合が多いです。
関連キーワード

ライター情報

おーさか ちさ

恋愛・美容・グルメを中心に執筆。ベリーダンサー・講師としても活動中。レストランショーや主催イベントなどで踊っている
 

URL:twitter@osakachisato

注目の商品