1年中使える基本のアイシャドウテク プロから学ぶメイク術!

2016年2月12日 11時00分

ライター情報:高橋有紀

このエントリーをはてなブックマークに追加
1年中使える基本のアイシャドウテクをご紹介します。
写真右側がメイク済みの目元。左側はメイク前の状態です。
今回使ったアイテムはナチュラグラッセのトリートメントアイベースと、アイカラー

ナチュラグラッセのトリートメントアイベース(右)と、アイカラー(左)

今回は、ナチュラグラッセの アイベースキャラメル(トリートメントアイベース)と、アイシャドウパレット(アイカラー パフェGD1)を使って、瞳を大きくくっきり見せる方法を伝授! ベーシックな3色を使うので、季節を問わずに試せます。指でシャドウを塗ることで肌馴染みもよく、時間もかからず簡単に目元が作れますよ☆ ぜひお試しあれ。

プロから学ぶ基本のアイシャドウの塗り方


1.トリートメントアイベースを瞼に馴染ませ、シャドウの色素沈着を防ぎ、発色を良くします。
トリートメントアイベースを馴染ませる

2.指でゴールドのシャドウをアイホールに。幅が広いところは指で塗ったほうが肌馴染みがよく、細かいところはチップでOKです。
ゴールドのシャドウをON

3.目を開けた時に二重幅より上にも色がわかるようにのせます。
二重幅より上にも色を

4.ブラウンのシャドウを二重幅にのせます。上は二重幅、下は目尻のみで大丈夫!
4.ブラウンのシャドウを二重幅に

5.下まぶたはチップを使い、目頭にパールホワイトをのせ涙袋を作ります。
目頭にパールホワイトをのせます

6.目尻はブラウンでしめ、目を大きくみせます。
ブラウンでしめ、目を大きく

7.目に陰影がつき、ナチュラルに目が大きくみえます! 完成!
ナチュラルにデカ目効果


アイシャドウの色で迷ってしまう時は、使いやすいブラウン、パールホワイト、ナチュラルなゴールドの、3色が入ったものが、おすすめ。
基本の塗り方をマスターして、デートに女子会、お出かけシーンのメイクをもっと素敵に仕上げてみてくださいね♪
一年中使えるテクなのでぜひお試しあれ!

(高橋有紀)

ライター情報

高橋有紀

タレントやモデルのヘアメイクを中心に雑誌などで活躍。表参道の美容室、Lysaオーナー。2015年著書『いきなりケタ違いにかわいくなる』を出版。

URL:おさかなゆきの日記

注目の商品