真面目な男子がどうしても警戒してしまう女子の行動

2016年3月4日 10時30分

ライター情報:ひとみしょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウソをつくのがうまいのは女子のほう

[拡大写真]

結婚相手にはぜひマジメな男子を……と思っていても、なかなかマジメな男子と付き合えない女子もおいでかと思います。
類は友を呼ぶから……というのがその理由ですと書けば、意地悪でしょうか?
さて今回は、マジメな男子に「警戒されてばかりの女子」の特徴に迫ります。
さっそくご紹介しましょう!

1.早口


「早口な女子って、どうも苦手です。人って、なにかやましいことがあるから早口になると思うんですよね」(31歳・IT)

やましい気持ちを抱えてWワークをしている女子と、堂々とWワークしている女子、どちらの女子が早口なのか? といえば、著者が見聞きしている限りでは、断然、前者です。
やましい気持ちがあると、人は早口になるのでしょう。

2.天然ボケ


「女子っぽい天然ボケの性格の女子って、どことなく警戒してしまいます。『今、1ドルいくらか知ってる?』と聞くと『180円?』とかと言うような女子とか、デートの約束に平気で1時間以上遅刻してくる女子とか」(30歳・通信)

政治経済のことに明るくないというのも、ひとつの「女子らしさ」でしょうし、マイペースでよく遅刻するというのも、ひとつの「女子らしさ」かと思いますが、あるていどは、男に合わせる部分は合わせるという気持ちがないと、マジメな男はネを上げてしまうのかもしれません。

3.ふつうのOLのわりにネイルや持ち物がゴージャス


「ふつうのOLだと言うわりに、持ち物やネイルがやたら派手な女子に、かなり警戒心を抱いてしまいます。

ライター情報

ひとみしょう

作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本抱える

URL:facebook

注目の商品