別れたいのに別れられないのはなぜ? あなたの人生をダメにしていること

2016年3月4日 08時00分

ライター情報:鈴木ナナ/studio woofoo

このエントリーをはてなブックマークに追加

別れたいのに別れられないのはなぜ?

[拡大写真]

恋人と別れたいのになかなか別れられない人って多いですよね? きっとそこにはいろいろな理由があるのでしょう。でも、ズルズル付き合ってもいいことなどないというのだってわかっているはず。それなのに別れられないのはなぜでしょうか? 
そこにはコンコルド効果、という心理作用が働いているからかもしれません。そのメカニズムを知れば、きっぱり別れられるはず。

コンコルド効果とは?


世界初の超音速旅客機「コンコルド」を開発しようとして、莫大な研究費や製作費を投入。しかしさまざまな問題があり、最終的には開発が中止となりました。ところが途中、かかった資金や時間、労力を考えるとなかなか中止が決定できず、ますます赤字を叩き出してしまったのです。
時間やお金などを投資して頑張れば頑張るほど、無駄にしたくないと思ってしまいます。そうなると、なかなかやめることができませんよね? この心理作用を、コンコルドの開発失敗になぞらえて「コンコルド効果」と呼びます。

別れたくても別れられないのも同じ


別れたくても別れられないのには、いろいろと理由があるでしょう。でもほとんどの場合、このコンコルド効果が働いているのではないでしょうか? 「これだけ愛したのに」「これだけ尽くしたのに」という時間や労力、気持ち。もちろん恋人にたくさんお金を使った人もいるでしょうし、「ここまで我慢してきたのに」という悔し紛れもあるかもしれません。それを無駄にしたくないと思うと、別れられなくなるのです。

ライター情報

鈴木ナナ/studio woofoo

お酒と食べ歩き、人間観察が趣味のフリーライター。心理カウンセラーの資格を有し、夜な夜な面白い人を探しに街へ繰り出すのが趣味

URL:twitter@balinana

注目の商品