あの子と二人きりは無理! ”○○を与える女”が男性から避けられる理由

2016年3月7日 07時00分

ライター情報:神崎桃子

このエントリーをはてなブックマークに追加

男性と長く付き合いたければ、彼らに「恐怖」を与えてはならない。

[拡大写真]

「あの彼とはフツーに“友達”だし、話もするしメールのやり取りだってする。……けどそこから特別な関係になれないのは、どうして……?」

気になる男性と「他の人を交えて」とか「グループでは」仲良くできる、けれどなかなか「水入らず」では会えない……なんて悩みを抱えている人はいないだろうか?もしそうなら、あなたは残念ながら「二人きりになりたくない女」と男性から思われている可能性がある。

今日は「男が二人だけで会いたくない女」の特徴をまとめてみたので、反面教師としてあなたの恋を発展させるキッカケにしてほしい。

1.打ち明け話をする女


・「まだそこまで親しくもないのに、重~い話や悩みを打ち明けるような女はマジ勘弁! 実はスポーツクラブで知り合った女性に呼び出されて軽い気持ちで飲みに行ったら、子どもの頃のトラウマで親とうまくいってないとか、男に騙されたことがあるとか……超ヘビーな告白をされたことがあった。こっちは内心“もしかしてメンヘラ?”と思いながらも口では『……そ、それは大変でしたね』としか言えないし……ホントまいった。以来スポーツクラブの中でならともかく彼女とは絶対に二人きりにはならないようにしてる」(30代・銀行)

――仮に重い打ち明け話ではなくても、「さほど親しくない」男性に自分の苦い過去をいきなり押し付けるのは“マナー違反”である。あなたがその男性に好意をもっていて、「私のことをわかってもらいたい一心」からしたことであっても、まだ距離間のある相手側からすればそれは“恐怖体験”でしかない。
関連キーワード

ライター情報

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト
大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

URL:神崎桃子オフィシャルサイト

注目の商品