多くの女子がだまされる、男子の鉄板口説き文句4選

このエントリーをはてなブックマークに追加

口説きの「押し」に弱いひとは、考え方がわりと優等生チックです
Photo by Thinkstock/Getty Images

[拡大写真]

恋愛には「事故」がつきものです。
今回は、事故を起こしてばかりいる女子(25歳・アパレル)に、どんな口説き文句にだまされてきたのかについて、教えていただきました。
ちなみにこの女子は、かっこよくて男らしくて優しいお金持ちの男子に「付き合ってよ」と言われて、付き合ったら、1カ月で音信不通になり、彼がテレビのニュースに出ていた……という経験をもつ、事故のプロ。お口がうまい男子にコロッと落とされてしまうのがお得意なようですね。
でも他人事だと笑っていては大変なことになるかも! さっそく以下を参考になさってみてはいかがでしょうか。

1:「信用してよ」


「男子が一生懸命口説いている最中に『おれのこと信用してよ』と言われたら、もう信用するしかないように思って、つい信用しちゃうんですよね」
詐欺師の最終の口説き文句みたいですよね。「信用してください、絶対に損はさせませんから」とかなんとか……。

2:「元カノとは連絡とってないからさ」


「元カノとは連絡とってないからさ、と言う男性に限って、ちょこちょこ連絡とってるんですよ」
これは男女お互い様かもしれません。淋しいという感情を自己処理できないひとは、わりと安易に連絡をとりがちでしょう。若いうちは精神的に未成熟だったりするので、男女お互い様ってことです。

3:「かわいいね」


「かわいいね、は、もう聞き飽きましたが、やっぱり言われると悪い気はしないです。だからつい……」
たとえば「かわいいね」を聞き慣れているキャバ嬢は「かわいいね」にはなびかないと思われますが、聞き慣れていなくて、かつ、褒めてもらいたい願望のある優等生チックな女子は、「やっぱり」注意したほうがいいように思います。

ライター情報

ひとみしょう

作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本抱える

URL:facebook

2015年4月29日 12時00分

注目の商品