男性の方が美化しがち!? 久しぶりに「初恋の相手」に会って思うこと

2016年1月19日 12時00分

ライター情報:外山ゆひら

このエントリーをはてなブックマークに追加

“記憶のなかの想い出”として大事に取っておくのも、またひとつの楽しみ方

[拡大写真]

年末年始、同窓会や学生時代の仲間と集う機会があった方は少なくないのでは? 「昔好きだった異性」や「初恋相手」と顔を合わせた方もいることでしょう。しかし再会した初恋相手への思いには、いろいろと男女差もある様子。その違いを探ってみました。

予想どおり!? 男性のほうが「初恋の相手」に思いを残しがち


2014年に行われたある調査では、「再会した初恋相手と付き合いたいか、付き合いたくないか」について以下のような結果が出ています(『ゴリラクリニック 池袋本院』調べ、男女100名対象、2014年12月調査)。

・初恋相手と付き合いたい……男性:45.5%、女性:27.2%
・初恋相手と付き合いたくない……男性:54.6%、女性:72.7%

男性の半数近くが「付き合いたい」と答えたのに対し、女性の7割以上は「付き合いたくない」と回答。予想どおりと言いますか、やはり男性のほうが昔のことに過去へのロマン(未練!?)を抱いている傾向があるようです。身近では、「初恋の彼女(既婚)に、『家建てたから遊びにおいでよ〜』などと言われてドキドキしたけど、まったく気にしていないから言ってるんだな、と分かって凹んだ……」なんてエピソードも聞いたことがあります(笑)。「一度好きだった相手は、友達とは見られない」なんて男性意見もよく聞かれますが、女性のほうが、今が幸せなら「過去は過去」として割り切れる人が多いのかもしれません。

男性は「見た目の変化」に敏感!? 女性は「異性の好み」が変わりやすい!?


また興味深かったのが、「初恋の相手とは付き合いたくない」と答えた男女が、その理由として挙げた意見。
関連キーワード

ライター情報

外山ゆひら

対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

URL:Twitter@yuhira_tw

注目の商品