恋愛・女性-LAURIER(ローリエ)

「歯医者さんにドキドキしちゃう」の心理とは?

2010年8月13日 10時00分 (2011年9月17日 10時46分 更新)

ライター情報:外山ゆひら

歯医者さんにドキドキしませんか?

[拡大写真]

白衣を着て、大きなマスクをした歯医者さん。「歯医者さんに、なぜかドキドキしちゃうんだよね」なんて声、よく聞きませんか? 確かに他の科に比べ、女医さんの割合が多く、特に男性陣からそんな意見を聞くことが多いです。診療中はスッキリと束ねている髪や大きなマスクを外せば、もしかしてハッとする美人かも……!? そんな想像を煽るのでしょうか。

さて今回は、社団法人日本私立歯科大学協会が今年5月に10~70代の男女1,000名を対象に行ったアンケートを用い、心理学の側面と併せて、「歯医者さんにドキドキしちゃう」の心理を探ってみました。

◎ 「瞳」は口よりもモノを言う!?
コスという心理学者は、瞳孔に似た図形を用いて参加者の反応を見る実験を行い、「目の形は他の部分よりも強い印象を与え、心理的に興奮を生じ、好意を生む」ということを明らかにしています。また、ヘスという学者の実験でも、「男性は、より大きな女性の瞳孔に興奮する」ということが分かっています。普段、人は顔全体から表情を読みとっていますが、大きなマスクをして「目」だけが見えている歯医者さんの顔を見るときは、必然的に「目」や「瞳孔」に注目することになり、それが「ドキドキ」を生んでいると考えられます。

◎ 「恐怖心」の影響
子供の頃、歯医者は「痛いからキライ」「あのキーンという音を聞くだけで、逃げたくなる」、そんな場所だったはず。そういった恐怖心を取り払うために、様々な工夫や改善をしている診療所も多いですが、上記、アンケートでも、「歯科医院」「歯科治療」のイメージで最も多かったのが「痛い」(56%)で、「怖い」(29%)の回答も多数。最も恐怖心がないと考えられる大人の男性でも5人に1人は「未だに怖い」と感じているという結果に。人は「不安が強い場所では恋に落ちやすい」ことは何度か紹介してきましたが、歯医者への恐怖心のある人にとっては、お化け屋敷や吊り橋、ジェットコースター、試験会場などと同様の心理作用が起きている可能性も。お医者さんの「大丈夫ですよ」という一言にすがってしまう心理は,誰しも経験があるのでは。

◎ 職業としてのイメージの良さ
実際に歯科診療をしてくれる「歯科医師」に対するイメージで、最も多かったのが「信頼できる」で34%。次いで、「優しい」(30%)、「親しみやすい」(27%)となっています。また「歯科医師」という仕事・職業に対するイメージについて聞くと、最も多いのは「高収入」(65%)。

ライター情報

外山ゆひら

フリーライター。心理学、文化・文芸関連の執筆がメインです。
現在、読売新聞サイト・大手小町にて「恋活」記事を執筆中。

Twitter:@yuhira_tw
Facebook : 外山ゆひら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品

携帯電話でニュースをチェック!
携帯ポータルサイト「エキサイトモバイル」