どんどん増加中!? 「セカンド童貞」男子の生態とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

結局、セカンド童貞は「アリ」なのか「なし」なのか
Photo by Thinkstock/Getty Images

[拡大写真]

最近、青年誌を中心に「セカンド童貞」という言葉を見かけることが増えてきました。
一体どういう人たちのことを指すのでしょうか。セカンド童貞とは、「非童貞だけど、一定期間エッチをしていない人」のことを指します。
「セカンド」認定される期間としては1年とする人から5年とする識者まで様々ではありますが、ごく簡単にいえば「しばらく彼女がいない/エッチにご無沙汰な人」ということになります。
今回はそんなセカンド童貞の生態をご紹介するとともに彼が婚活の対象として「アリ」かどうか考えてみたいと思います。

今なぜセカンド童貞なのか?


最近セカンド童貞が盛り上がりを見せている理由、それは、ずばりセカンド童貞が増えているから。
世間一般には「早くなくしたほうがいいもの」「ちょっと変わった人」だと思われがちな、童貞。一昔前までは童貞でいることは非常に恥ずかしいことでしたが、最近は「こじらせ」の一つとしてファッション的に使われることもあるように、(セカンドを含めて)童貞であることは恥ずかしいことではなくなりました。
そして、もう一つのセカンド童貞が増えている理由は、女性に費やす時間的、金銭的な余裕がなくなっていること。
「仕事が忙しい」「お金がない」そんな理由でセカンド童貞になっている男性は意外と多いのです。

セカンド童貞の生態1:こじらせ男子が多い!?


もともと、2000年代前半に生まれたこの言葉。「童貞のノリを忘れない」ということで「セカンド童貞」であることがサブカル男子の間で流行った時期がありました。

ライター情報

古田ラジオ

1980年生まれ。サラリーマン稼業の傍ら、ブログを書き始め、その後ライターへ。現在は「婚活アナリスト」として「男性からみた婚活」について、主に執筆中

URL:@republic1963

2015年3月8日 17時00分

注目の商品