自滅の原因かも!? 恋愛へのありがちな「思い込み」7選

2016年1月21日 09時00分

ライター情報:外山ゆひら

このエントリーをはてなブックマークに追加

「交際は面倒」「自分は草食(絶食)だから」という人が増えている時代

[拡大写真]

「恋愛に興味がない」「交際は面倒」「自分は草食(絶食)だから」という人が増えている時代。詳しく話を聞いていると、「でも、それはもしかしたらあなたの思い込みかも……」と感じる意見に出会うことがあります。ライトなものから心の深い部分まで、よく聞かれる“思い込みかもしれない見解”をピックアップしてみました。

1.返事が遅い相手は、脈がない?


LINEが主流の時代。チャットのような会話ペースを期待してしまう分、「返事の遅さ」を理由に脈がないと諦めてしまう男女も増えているようです。でも時間間隔は本当に人それぞれ。ポンポンと連打する人もいれば、あまり携帯に縛られたくない、気になる相手だから丁寧に文面を考えたい、ゆっくり時間の取れるときに返事したい、という人もいます。「1日おきのやりとり」「休日にまとめて返信」なんてペースでも、きちんと結ばれていったカップルも知っていますし、自分が「即時に返す派」だからといって、相手もそうだと思い込まないほうがベターかも。「返事の早さ」より、「返事が来るかどうか」や「文面・内容」を重視したほうがよいと個人的には思います。

2.毎週末、デートしなくちゃいけない?


これも多く聞かれる思い込み。「デートに時間を取られたくない」「仕事が忙しい」「やりたいことがあるから恋愛は無理」という人もいるでしょうが、連絡手段に恵まれた時代、信頼しあって心が繋がっていれば、「会う頻度」は特に問題にならないことも。

ライター情報

外山ゆひら

対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

URL:Twitter@yuhira_tw

注目の商品