「男の束縛」と「女の束縛」は、種類が違う!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性は、男性の『時間』を束縛したがる一方で、男性は、女性の「考え方」や「行動」を束縛したがります。
Photo by Thinkstock/Getty Images

[拡大写真]

「恋人を束縛したくなる気持ち」は、男女を問わず沸き起こるものなので、そもそもの人格や、恋愛性格によるものだと言えます。ある女性の友人は、付き合う当初はサッパリしていそうな男性からでも、必ず次第に束縛されるようになり、それが嫌で別れてしまう、とのこと。彼女が魔性!? な可能性もあるのでしょうが、本人にとっては大きな悩みだとか。また、別の男性友人は、結婚後、妻が何をするにも常に一緒でないと不満そうな態度を見せるので、予定を入れるのに苦労しているとか。恋人の「束縛」に手を焼いている人は少なくないようですね。

男女を問わず存在する束縛の心理なのですが、実は細かに観察すると、男女の束縛や制限の「内容」「方法」には大きな違いがあるそうです。そこで今回は、男女が何に嫉妬し、束縛したがるか、について詳しくご紹介。この男女の違いを理解しておくことは、すれ違いや別れの原因を減らすのに、ちょっぴり役立つかも!? ぜひぜひ、ご参考ください。

女性は、男性の「時間」を束縛したがる


女性は、男性の『時間』を束縛したがる傾向にあります。そのため、相手が「男友達」だろうと「仕事」だろうと、嫉妬してしまうのです。付き合う前は、どんなに「一人で平気そう」に見える女性でも、いざ誰かを好きになったり付き合ったり結婚したり、となると、「男性と一緒の時間をできるだけたくさん持ちたい」となる人が多いのが女性。女性は、親密な存在を欲し、誰かが側にいるという『存在感』をいつも確認したがる傾向にあります。

ライター情報

外山ゆひら

対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

URL:Twitter@yuhira_tw

2011年5月23日 10時00分

注目の商品